フジテレビ社員の不祥事相次ぐ!

2012年5月25日 14時45分 (2012年5月26日 14時44分 更新)

 フジテレビの社員が相次いで不祥事を起こした。

 まず、料金の支払いを巡りタクシー運転手とトラブルになり、暴行するなどしたとして、警視庁三田署が暴行と器物損壊の現行犯で、フジテレビ営業局社員・吉田高次容疑者(31=東京都港区)を逮捕した。同署によると、吉田容疑者は事件当時、酒に酔っていたといい、「覚えていない」と供述。同日、釈放された。

 逮捕容疑は5月20日午後6時頃、港区三田でタクシーを降りる際、クレジットカードで料金が支払えないことに腹を立て、50代の男性運転手の腕を引っ張り、タクシーのドア付近を蹴って傷付けた疑い。

 同署によると、男は車載機器の不具合でクレジットカードの使用を断られたため、運転手とトラブルになったという。

 この事件から、わずか2日後に、またしてもフジテレビ社員がトラブルを起こした。

 酒を飲んで車を運転し、タクシーに追突する事故を起こしたとして、警視庁原宿署は23日までに、道路交通法違反(酒気帯び運転)と自動車過失傷害の容疑で、フジテレビ社員・保原賢一郎容疑者(42=東京都杉並区)を現行犯逮捕した。同署によると、「酒を飲んだ」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は22日午後9時45分頃、東京都渋谷区千駄ケ谷の都道で、酒を飲んで乗用車を運転してタクシーに追突。男性運転手の首に全治1週間程度の軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、タクシーは乗客の乗り降りのため停車中だった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品