食品偽装問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

食品偽装問題(しょくひんぎそうもんだい)とは、食品に対して何らかの偽装を行う行為(食品偽装)によって起こる問題のことである。事件化された件については、食品偽装事件とも言う。

食料品の小売り・卸売りや飲食店での商品提供において、生産地、原材料、消費期限賞味期限、食用の適否などについて、本来とは異なった表示を行なった状態で、流通・市販がなされることがある。販売以外の目的で偽装を行う場合もある(牛肉偽装事件など)。

  • 原材料偽装 - 原材料を偽って表示する。
  • 消費期限・賞味期限偽装 - 消費期限および賞味期限を本来より後の日付に偽って表示する。
  • 食用の適否の偽装 - 食用でないとされたものを食用と偽って販売する。

飲食店のメニューに産地や原材料を偽って掲載することはメニュー偽装と呼ばれる。

主な偽装事件

発覚した時期の順に示す。

  • C&Bカレー粉事件(1931年) - 英国C&B社の純正カレー粉に国産カレー粉が混入あるいは完全に擦り替えられていた事件。社会的に正の効果をもたらした唯一の食品偽装事件でもあり、この事件の後、国産カレー粉の優秀さが確認され、日本のカレー普及の一助となった。
  • 赤福餅の消費期限偽装(2007年10月)
  • 船場吉兆(2007年) - 産地偽装や賞味期限偽装に加え、食べ残しの再提供など他の問題も発覚した。
  • 浪花酒造による大吟醸酒原材料偽装(2013年2月)
  • 食材偽装問題(2013年) - 2013年に大手ホテル百貨店レストラン等のメニュー表示における、産地や食材の種類に関する虚偽表示・偽装表示が相次いで発覚した。
  • 木曽路による松阪牛メニュー偽装(2014年)

関連する法令

  • 『危ない食卓 十九世紀イギリス文学に見る食と毒』横山茂雄編 新人物往来社 2008年
  • 『食品偽装の歴史』ビー・ウィルソン/高儀進訳、白水社、2009年7月