企業による不祥事の公表まとめ

・はじめに

先日以下のような企業による不祥事がありました。
 鳥貴族誤提供事件(概要)
平成28年7月19日~同年7月23日の5日間
鳥貴族南柏店において使用されるべき焼酎に代わり
食品添加物アルコール製剤を使用したチューハイが提供された。
誤提供されたチューハイは五日間で合計151杯だった。
平成28年8月15日
以上の事実を鳥貴族はHP上で公表した。
PDFファイル お客様への食品添加物アルコール製剤誤提供についてのお詫びとお知らせ

・不祥事の公表

 企業としては、上記事件のように不祥事を起こした場合その事実を
公表するかを検討することになります。
 情報の公開は、顧客・消費者の方々との信頼関係を維持する上で
最も重要であるといえます。
参考サイト企業・機関の事件・事故に対する消費者の意識調査

それでは、公表までに何を検討するべきでしょうか。

①不祥事を公表する法的義務があるか
 意外に思うかもしれませんが、基本的には企業は不祥事を必ず
公表しなければならないものではなく、法令等で義務付けられているのは、大きく分けて
上場企業が、株価等に影響がある行為を行った場合に
 その事実の公表が義務付けられています。不祥事が発生すると、
 企業の株価に影響が出るのでその事実を明らかにすることを目的としています
 (有価証券上場規程402条2号a、402条2号f、402条2号x)。
行政により企業に対し何らかの処分があった場合に
 官公庁がその事実を公表することになるのが通常です。
 例えば、食品衛生法54条に基づく回収命令が行われたとき、
 同法63条による厚生労働大臣の公表がなされます。
その他個別の法律により公表が義務付けられることがあります。
 例えば、金融商品取引法等により公表が義務付けられていることがあります。
 上記の場合には、法的に公表しなければなりません。

②法的義務がなかった場合、公表するか否か
 法的義務がなかった場合には、企業としてその事実を公表するか決めることになります。
この際、考慮事項として挙げられるのは、不祥事の原因、公表による社会的影響、後に公となってしまう可能性の程度等です。
 特に、公表する必要はないと判断して公表を見送った後に、マスメディア等により事実が公になった場合には、事実を隠蔽したという印象を持たれかねません。
 その状況を避けるため、法的義務はなく公表をしないという判断を下すのであれば、後に事実が公になったとしても、最低でも事実を隠蔽したといわれないような合理的な説明が必要となるでしょう。

③公表する場合
 公表するとした時、早急に公表したほうが良いと当然考えると思います。
実際鳥貴族事件でも誤提供があった日から1ヶ月と待たずに(この時間を早いと捉えるか、遅いと捉えるかは人によるでしょう)、公表に至っています(公表日は平成28年8月15日、内容が少し修正された再公表が8月16日)。
しかし、不十分な事実関係の確認での公表はかえって消費者・顧客の心証を損ないかねません。特に、不祥事の事実を企業が認識してから情報が企業内部でも錯綜することが多くあります。情報を集約する部署をあらかじめ定めて企業内に通知徹底することが望ましいです。
そして、十分な公表できる状況ができ次第、公表することを心がけるべきです。

参考サイト 不祥事でも気を付けたい公表のタイミング
以上より、企業による不祥事が発生した場合、
①まず、公表の法的義務があるか確認し
②法的義務がなかったとしても公表するべきか検討し
③法的義務があった又は公表することにしたら、公表できる状況を整えていき
不祥事の事実を公表することになるでしょう。

・公表に失敗したと考えられる事例

それらのことを念頭に公表に失敗したと考えられる事例を紹介したいと思います。
アクリフーズ(現マルハニチロ)農薬混入事件(概要)
平成25年11月13日
1件目の異臭(石油臭)苦情が発生(企業による不祥事の認識)する。
同年12月13・26・27日
苦情現品からマラチオン等を含む劇物が相次いで検出される。
同年12月29日
第一回記者会見(公表)
謝罪及び群馬工場品全品の自主回収を発表、マラチオンの毒性評価を軽視した発表がされる。
「一度に60個のコーンクリームコロッケを食べないと発症しない量になります。」
同年12月31日
第二回記者会見(公表)
マラチオンの毒性評価について訂正及び謝罪がされる。
「一度に約1/8個のコーンクリームコロッケを食べると、吐き気、腹痛などの症状を起こす可能性があります。」
平成26年1月25日
第三回記者会見(公表)
容疑者(従業員)の逮捕を受け、謝罪及びマルハニチロHD・アクリフーズ両社長の引責辞任が発表される。

事件の詳細は省きますが、この事例においては、
・事件(不祥事)を企業が認識して(平成25年11月13日)から第一回記者会見が同年12月29日と遅れた
・第一回記者会見において、健康被害を過小評価する社長の発言があり、その2日後にその発言を訂正する等公表時の情報不足が露見された点
・親会社(マルハニチロHD)、食品事業会社(マルハニチロ食品)、製造子会社(アクリフーズ)という複雑なグループ企業の関係があり、その中で危機管理の一元化が欠落していた
以上の失敗により、杜撰な不祥事対応がなされたと評価できます。
そして結果として企業への信頼を失墜させ、公表を含む企業の危機管理の重要性を改めて認識される事件であったといえるでしょう。

・おわりに

必ず失敗しない人がいないように企業にとって不祥事は避けがたいものです。
近年では不祥事が発生した場合における企業の対応は注目されています。
しかし、公表時における対応が適切であれば企業の社会的評価を上げる機会でもあります。
一度、事実の発覚→事実の確認→公表するかの判断→事実の公表の流れを想定しておくべきでしょう。

 

 

 

このニュースに関連するセミナー

法務NAVIまとめ コンプライアンス 民法・商法
第84回MSサロン(名古屋会場)
2017年07月06日(木)
19:00 ~21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
夏目久樹
愛知県豊橋市出身
名古屋大学法学部卒業・グロービス経営大学院修了(MBA)
平成18年の弁護士登録以来、上場企業から個人事業主まで事業規模にかかわらず、労使間の団体交渉及び個別労働問題(残業代、懲戒処分、労働災害、セクハラ・パワハラ等)に携わり、その解決に尽力している。
また、企業間取引や事業承継・内部紛争(支配権争い等)に絡む案件にも注力している。
MBAを取得し、法律のみならず経営の視点も加味した解決方法をアドバイスすることを日々意識している。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「残業代請求に対する実務対応」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務NAVIまとめ コンプライアンス 民法・商法
第85回MSサロン(東京会場)
2017年07月26日(水)
19:00 ~21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
大東泰雄
のぞみ総合法律事務所 弁護士

平成13年慶應義塾大学法学部卒業,平成24年一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士課程修了。
平成14年弁護士登録。
平成21年4月から平成24年3月まで,公取委審査局審査専門官(主査)として,独占禁止法違反被疑事件の審査・審判実務に従事。

公取委勤務経験を活かし,独禁法違反事件対応(リニエンシー申請,社内調査,公取委対応,審判等),企業結合審査対応,独禁法関係民事訴訟,下請法,景品表示法等に関する業務を主軸とし,その他企業法務全般を扱っている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「下請法運用強化と対応のポイント」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務NAVIまとめ コンプライアンス 民法・商法
【国際法務入門】M&A 合弁会社設立
2017年07月19日(水)
19:00 ~22:00
25,000円(税込)※平成29年2月15日開催のLBS体験講座に参加された方は10,000円減算した金額とさせていただきます。なお、単回申込みを複数回される場合は、上記減算は初回分のみ適用となりますのでご了承ください。
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社 アジア太平洋地域法務責任者
1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、
日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、
を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業両方での国際法務経験が有り、両者の観点から国際法務
について指導を行います。
国際法務入門者向けの契約法務習得セミナーになります。
当日は、下記の流れで、こちらで用意したビジネスシチュエーションを題材に、
国際法務経験豊富な講師との双方向でのコミュニケーションを行い、
ときに、少人数のグループでのディスカッションを織り交ぜながら、
参加者が思考しアウトプットするプログラムとなっております。

売買契約・共同開発契約の審査や作成に必要な「知識」を習得するのはもちろんのこと、
一方的に話を聞くセミナーとは異なり、各契約を検討する上での「思考法・仕事術」などの
実践的な能力を習得出来るのが特徴です。

【講師からケースの説明】→【グループディスカッション】→【各グループの発表】→【講師レビュー】

★「体験講座」(2月15日開催)の参加者の声★
・書籍等では実務に近い情報が無い為、講座で具体的なケースを想定し仕事の進め方を理解出来てる内容がとてもよかったです。
・少人数で法務業務を担当している為、自分自身の経験、知識、感覚で仕事をしてしまう事が多く、
法務業務をする上で大事な思考のフレームワークを学べて良かったです。
・講義内容はもちろんですが、他社の法務担当の意見を聞く事が出来て、とても参考になりました。

★今回のテーマ★
「M&A 合弁会社設立」
日本の製薬企業が豊富なノウハウと経験を有する自社のIT部門を独立させ、自社を含む他の製薬企業向けに幅広くITサービスを提供できる企業を設立しようとするとき、同社にメインフレームを提供している米国のコンピュータ会社の協力を仰ごうとするケースを題材に、企業間における事業協力の形態を検討します。
※ こちらで事前課題を用意し、受講前にケース理解を深めていただきます。
※ 本講座は「リーガルビジネススクール 国際法務担当者育成コース(全六回)」の第五回講座を兼ねております。そのため、そちらの申込者と一緒に本講座を受講いただく形となります。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

印紙税法まとめ 収入印紙とは国庫収入となる租税・手数料その他の収納金の徴収のために、財務省が発行する証票です。契約書に収入印紙を添付し、消印をすることで、国庫に税金を納税したことになります。課税の理由課税の理由は、「印紙税は、経済取引に伴い作成される文書の背後には経済的利益があると推定されること及び文書を...
定年退職後の再雇用まとめ ◆はじめに9月28日にトヨタ自動車で事務職だった男性(63)が、定年退職後に同社の再雇用において清掃業務を提示されたことは不当であるとして、名古屋高裁は一審判決を一部変更し、約120万の賠償を命じました。(参考 日本経済新聞)また、平成24年には、長年労働組合の役員であった男性に対して...
内部通報についてのまとめ 健全な企業体質にするために企業は、コンプライアンス遵守が求められています。そして、その中で重要なのが内部通報です。以下では内部通報制度(および公益通報者保護法)に関するサイトをご紹介します。≪内部通報制度とは≫ 内部通報制度とは、不正を知る従業員等からの通報を受け付けて、通報者の保護を図りつ...