【熊谷6人殺害事件】埼玉県警の不祥事が止まらないワケ

 埼玉県熊谷市で9月14日から16日にかけて住民ら6人が次々と襲われ、死亡した事件の余波が収まらない。

 逮捕されたのは、来日10年目のペルー人で、住所・職業ともに不詳のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)。25人の命を奪ったとされる「殺人鬼」を兄に持つと報じられ、事件の異様さとともに、血生臭い因縁が大きな注目を浴びている。

「ナカダ容疑者は10人兄弟の末っ子。上から4番目の兄が、2005~06年に計17人を拳銃で射殺したとして懲役35年の刑を受けている」(週刊誌記者)

「実際に殺したのは25人」際立つサイコぶり

 この兄は逮捕後に、「実際に殺したのは25人」と告白し、自らの連続殺人について、「世界を浄化するため、神の命令で薬物中毒者や売春婦、同性愛者らを殺した」と説明するなど、そのサイコぶりは際立っている。そして兄の血を継ぐナカダ容疑者も事件前、周囲に「誰かに追いかけられている、自分は殺される」と打ち明けていたといい、精神面での問題が事件につながった可能性もある。

 その一方で、被害にあった住民らの怒りを買っているのが、埼玉県警のお粗末な対応ぶりだ。

 実は、事件が起こる直前の9月13日午後1時半ごろ、「意味不明なことを言っている」との通報を受けた同県警熊谷署の捜査員が、ナカダ容疑者を同署に任意同行していたのだ。

「ところが、事情聴取の最中にナカダ容疑者が『たばこを吸いたい』と言ったために、捜査員が屋外まで連れ出した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品