第一東京弁護士会総合法律研究所研究叢書①
企業不祥事と対応〔事例検証〕
発 行2009年9月4日
判 型A5判240頁 
ISBN978-4-433-34729-1
定 価2,592円(本体2,400円)

   在庫がありません。

■企業法務に携わる気鋭の実務家が、多発する企業不祥事に警鐘を鳴らす注目の書!

第1部 企業の現場から見た内部統制とコンプライアンス
1 内部統制システムの整備は「目的」ではなく「手段」
2 会社法及び金融商品取引法が要請する内部統制
3 不祥事対応とPDCAサイクル
4 消極的コンプライアンスから積極的コンプライアンスへ

第2部 企業不祥事にどう対応するか?
第1章 調査編
1 不祥事発覚の端緒によるリスクの相違
2 不祥事発覚後の初動対応
3 調査委員会による調査(調査の実効性をはかるために)
4 調査の方法
5 調査終了後に対応すべき事項

第2章 公表編
1 不祥事公表の基準
2 不祥事公表の時期
3 不祥事公表の方法
4 記者会見における対応
5 関係者に対する対応

第3部 企業不祥事から学ぶ平時の備えとは?
第1章 統制環境編
1 企業風土の醸成
2 事前の教育
3 職務権限・人事

第2章 早期発見体制編
1 内部通報制度の整備・活性化による不祥事の防止
2 モニタリング体制の構築・活性化による不祥事の防止
3 お客様相談窓口、フランチャイジーの意見窓口等の設置
4 IT利用による不祥事の防止

第4部 企業不祥事をいかに未然に防ぐか

資料編

◆編集委員
武井 洋一   中西 和幸
山上 俊夫   小磯 孝二
◆スタッフ
那須 健人   浦部 明子   笠原 智恵   梅木 佳則
柴田堅太郎   飯田  岳   須崎 利泰   萩原 唯考
中山  泉   新間祐一郎   伊達 伸一   辻 拓一郎
原田 芳衣   神田 文浩   中村 佳澄   渡邉 和之
高田 洋平   西原 一幸   應本 昌樹
(司法修習期順:以上、すべて弁護士)