警察官の不祥事を防ぐために

安定した職業として人気のある公務員ですが、

中でも警察官の志望率は常に高く倍率もとても高いです。

 

似たような職種として挙げられるものとして、

自衛官や消防士などもありますが、やはり人気が高いのは警察官です。

 

まず消防士との違いは、都道府県ごとの採用であるため、

消防士と比較して給料が高いことが挙げられます。

自衛官との違いは、全国転勤があるかどうかなどが挙げられます。

給料が高く、全国転勤はない仕事として警察官人気が高いのです。

 

いざ警察官になりたいと思って勉強をし始めても、

努力だけではなることができない場合があります。

視力や体重が規定を満たしていない場合や、

自分を含めた家族や近い親戚が過去に不祥事を起こしたり、

反社会的な集団に所属していたり、新興宗教に入っていたりすると

試験で落とされる可能性が大いにあります。

新聞やニュースを賑わす警察官による不祥事を未然に防ぐための条件と言えます。

 

警察になりたいと思ったときには、身近な親戚の身辺についても調べ、

自分が受験資格があるのか、落とされやすい状況になっていないかを確認する必要があります。

晴れて合格した際には今まで以上に自分の気持ちを引き締め、

不祥事を起こさないよう常日頃から気をつけなければいけません。

ここでも近い親戚の事故や事件も自分の進退に関わってくるので注意が必要です。

 

ですが、日本の安全を守るための仕事ですので、

やりがいは多いにある尊敬される仕事と言えます。



警察官になる方法

公務員試験というには、一般の就職試験とは全く別物です。

普通に挑んでいたら私のように3度も不合格を頂くことも・・・

そんな私が、あきらめずに四度目の受験で見事合格した方法とは!?