お笑いコンビ・2700 全盛期から月収5分の1に大幅ダウン! ツネはバイトを開始!

2015年8月11日 14時45分 (2015年8月12日 14時45分 更新)

 11日、インターネット配信動画「よしログ」で、お笑いコンビの2700が現在の月収を激白した。

 2700は八十島とツネが2008年にコンビを結成。歌ネタやリズムネタを得意とするコンビで、同年の「キングオブコント2008」では、コンビ結成わずか8か月で決勝に進出した。また、「キングオブコント2011」では3年ぶりに決勝に進出し、準優勝に輝いた。独特のネタを持つコンビだが、特に「右ひじ左ひじ交互に見て」のネタが一時ブームになり、人気者となった。

 動画では、ギャラの話題を展開。ツネは「夢なくなるよ~」と語り出し、「僕もバイトすることになりましたんで…」と衝撃発表。約2年前までは月収100万円を超えていたというが、八十島は「ここ半年前ぐらいまではあったたんですよ。それがね、ここ半年でね…」と内情を明かした。

 相方のツネがバイトを始めたことに対して、八十島は「俺、バイトしたくねぇって~!」と嘆いたが、ツネは「もう受け入れましょう」と諭し、「先月は(給料が)23万円で。安いなぁ~って」とぶっちゃけた。全盛期から比べると、なんと5分の1ほど給料が減ったことになる。

 2人とも既婚者で子供もいるため、八十島は「一人暮らしだったらまだいけるけど、子供おったら無理だってー!」と本当に困っていた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品