ここから本文です。

更新日:2016年2月26日

教職員の不祥事の再発防止について

札教教第472号

平成19年(2007年)10月18日

各市立学校(園)長 様

札幌市教育委員会

教育長 奥岡 文夫

教職員の不祥事の再発防止について

報道等で既にご承知のとおり、去る10月1日に、札幌市立星置東小学校の教頭が「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」違反の容疑で逮捕されるという事件が発生しました

現在、警察において余罪等について取り調べ中でありますが、その結果を待つことなく、直接の逮捕容疑である児童買春について、事実認定の上、去る10月10日に開催された教育委員会会議にて懲戒免職処分を決定したところです

事実内容は、児童生徒の健全育成をつかさどる教員として、まして教職員を指導すべき立場にある教頭として、絶対にあってはならない行為であり、子供たちや保護者、市民の学校教育に寄せる信頼を著しく損ね、真摯に教育に携る多くの教職員の誇りを大きく傷つけたものといわざるを得ません
各学校・園においては、公務員は職務を離れても「信用失墜行為の禁止」などの身分上の義務を負っていることについて、今一度全教職員に徹底するとともに、公金・公物の適正管理やわいせつ行為・セクハラの未然防止など、教職員の規範意識や倫理観の向上に努めていただきたい

併せて、職場におけるコミュニケーションを高めるなど人間関係を密にしながら、全教職員が一体となってこの難局を乗り越え、子供たちや保護者、市民の信頼を一日も早く回復するため、全力をあげて取り組んでいただきたい

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教職員課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル4階

電話番号:011-211-3853

ファクス番号:011-211-3854