• Talknote
  • チャットワーク
  • Facebook messenger
  • Pocket
  • Yammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

close

 トヨタ自動車が数年前から、独フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車の排ガス性能に疑問を持ち、欧州の規制当局に取り締まりを要請していたことが「日経エコロジー」の取材で明らかになった。

 背景にはディーゼル車の開発において、VWと同じような燃費や走行性能を求めると、排ガス性能が発揮できなかったことがある。競合他社のデータと比べてもVWが不正ソフトを使っていなければ説明できないデータだったという。

 しかし、規制当局は動かなかった。実際、2013年の欧州委員会共同研究センターの調査で、不正ソフトを見つけていたと欧米メディアが報じている。EUではこうしたソフトは以前から違法としていたが、「規制当局は問題を追及しなかった」(英紙フィナンシャル・タイムズ)という。

 不正が明るみになったのは、欧州ではなく米国だった。環境NPO(非営利法人)のICCT(International Council on Clean Transportation)や米ウェストバージニア大学の調査からVWの排ガス性能に疑念が持たれ、最終的には米環境保護局(EPA)がVWの不正を発表した。

欧州の規制当局はVWの排ガス不正を認識しながら、問題を追及しなかったと報じられている(写真:ロイター/アフロ)

      「トヨタもVWの不正に抗議していた」の著者

      大西 孝弘(おおにし・たかひろ)

      日経ビジネス記者

      1976年横浜市生まれ。「日経エコロジー」「日経ビジネス」で自動車など製造業、ゴミ、資源、エネルギー関連を取材。2011年から日本経済新聞証券部で化学と通信業界を担当。2016年10月から現職。

      ※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

      いいねして最新記事をチェック