90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

壮絶な過去を乗り越えた「X JAPAN」 ToshIの洗脳事件を振り返る

「洗脳 地獄の12年からの生還」Toshl/講談社/2014

日本を代表するモンスターバンド、「X JAPAN」。2014年には、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでの公演を成功させ、世界的にも大きな話題を呼んだ。昨年で結成25周年を迎えたX JAPANだが、1995年から96年に行われた『DAHLIA TOUE1995-1996』以来、20年ぶりとなる日本ツアーも決定しており、再び活発な動きを見せはじめている。さらに、24年ぶりにライブハウス公演『石巻チャリティLIVE』を行うことも発表された。

苦難を乗り越えてきたX JAPAN


ここまでの道のりは決して順風満帆ではなかった。1989年に「X(エックス)」としてメジャーデビュー。1992年に「X JAPAN」へ改名し、1997年9月22日に解散発表、同年12月31日に解散。その後2007年の再結成に至るまで、多くの壁が立ちはだかってきた。

バンド結成以来、国内外の若者に多大な影響を与えた彼らだが、ギタリストhide、ベースTAIJIの死といった苦難を乗り越え、ようやくここまでたどり着いたのだ。全盛期のX JAPANに親しみのない平成世代にとって、連日報道されたこれらのニュースは、ほとんど記憶にないだろう。とすれば、ボーカリストToshI(※2010年にTOSHIからToshIへ改名)を苦しめた洗脳問題についても、知らない人は少なくないはずだ。

ToshIとメンバーを苦しめた「洗脳」


X JAPANが「X」だった時代、海外進出を前に大きなプレッシャーを感じていたというボーカルのToshI。

2015年11月24日 11時05分

注目の商品