2016年06月14日(火)22時24分 NHKオンライン

市の教員 公然わいせつで逮捕

14日朝、山口市立小学校の25歳の臨時教員の男が、コンビニエンスストアの駐車場に止めた車の中で下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、山口市立宮野小学校の臨時教員の河村拓哉容疑者(25)です。
警察によりますと、河村容疑者は14日午前8時すぎ、山口市青葉台のコンビニエンスストアの駐車場に止めた車の中で下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いが持たれています。
今月10日、買い物客から警察に「下半身を露出する人がいた」という内容の通報が寄せられたため、現場付近で警察官が警戒していたところ、14日朝に河村容疑者を見つけ、その場で逮捕したということです。
調べに対し「間違いありません」と供述し容疑を認めているということで、警察は詳しいいきさつを調べています。
山口市教育委員会によりますと、河村容疑者はことし4月に臨時教員として採用され、特別支援学級などで学習支援を担当し、14日は出勤日だったということです。
逮捕を受けて山口市教育委員会は記者会見を開き、学校教育課の江山稔課長が「児童や保護者、市民の信頼を裏切り、心からおわび申し上げます」と陳謝しました。
そのうえで「信頼回復に向け教職員の服務規律の徹底に学校と教育委員会が一丸となって取り組んでまいります」と述べました。
山口市教育委員会によりますと、臨時教員が勤務している小学校では、15日にも全校集会や保護者集会を開いて事件について説明などを行うということです。