印刷する
概略

子会社の不祥事により親会社が矢面に立たされるケース少なくありません。そのリスクは、M&Aによる(海外を含む)子会社の増加により高まる一方です。本講義では、まず子会社不祥事の背景を検討した上で、子会社管理について親会社取締役の責任が問われた裁判例、子会社に関する会社法の規定を整理し、これらを踏まえ、子会社管理の具体的な手法を解説します。

【講師】TMI総合法律事務所 太田 知成 弁護士
【講義時間】21分06秒
【目次】
1 子会社の不祥事の影響
2 子会社の不祥事の背景
3 子会社管理についての親会社取締役の責任(裁判例)
4 子会社管理についての親会社取締役の責任(会社法)
5 子会社管理の必要性(会社法等)
6 子会社役員の責任追及
7 子会社管理の方法
8 子会社管理の具体的手法

講義

子会社管理と親会社の責任

新任役員向けトレーニングプログラムの受講者は、資料名や講義画像をクリックすることで、
受講者限定コンテンツ(講義および資料)をご覧いただけます
(まだログインがお済みでない場合はログイン画面になります)。

※本トレーニングプログラムは、上場会社役員ガバナンスフォーラムの会員資格だけでは
ご利用できないオプションのサービスです。
上場会社役員ガバナンスフォーラムの会員は、
本トレーニングプログラムを会員向けの割引価格(会員価格)でご利用できます。
上場会社役員ガバナンスフォーラムの会員ではない方が、
本トレーニングプログラムのみを受講することもできます。
詳細は、下の「お申込み」ボタンを押してご確認ください。