卒業旅行で女性警官へのセクハラ続出 警察学校教官の警部ら懲戒 愛知

卒業旅行で女性警官へのセクハラ続出 警察学校教官の警部ら懲戒 愛知

愛知県警は26日、警察学校の教え子の女性警察官にセクハラをしたとして、主任教官の男性警部(47)と交通総務課の男性警部補(45)を停職6カ月、教官の男性警部補(38)を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にした。警部と交通総務課の警部補は同日付で辞職。もう1人の警部補は巡査に降格となった。

 愛知県警は、事件や不祥事で今年に入って今回を含め16人を懲戒処分。今月に入っても、酒気帯び運転をして事故を起こしたとして、2人が懲戒免職処分となるなどしている。

 県警によると、主任教官は昨年9月、警察学校の卒業旅行の懇親会で、複数の女性警察官の肩を抱くなどした。交通総務課の警部補は、警察学校に所属していた昨年3月の卒業旅行で、就寝中の女性警察官の体を触った。もう1人の警部補は、昨年9月の卒業旅行で女性警察官が寝ていた部屋で、空いていた布団に入った。


警察官が警察官になろうとする若者にワイセツ行為とは恐れ入る。処分を受けたいずれの警察官も30代~40代と、社会的にも十分に良識が求められて当然の年齢である。

このような陰湿なセクハラが大っぴらに行われている警察という組織に未来はあるのでしょうか?ワイセツ行為を取り締まる側の警察がこれではストーカー被害など永遠に解決されるわけがありません。

コメント



認証コード3236

コメントは管理者の承認後に表示されます。