記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
最長17時間も強姦犯行…懲役25年レイプ魔の「悪魔の所業」

 「ニュースでよく殺されたり、怪我したりするやつおるやろ、いつでも殺せるんやぞ」…。マンション管理会社の関係者を装って部屋に入り込んだ男は、そう脅すと、目隠しして手を縛った女性をマスクとゴム手袋姿で執拗(しつよう)にもてあそび続けた。平成22年夏、わずか2カ月あまりの間に、京都市や京都府京田辺市で4件の連続強盗強姦事件が相次いだ。犯行は、最長で17時間にも及んだ。

「相当長期の懲役刑をもって臨むべき」

 「被告人を懲役25年に処する」。4件の事件にからみ、強盗強姦や住居侵入などの罪に問われていたのは、大津市の無職、田中豊誠被告(51)。

 田中被告が全件で「無罪」を主張したため、証人17人、審理期間30日間に及び、京都地裁の裁判員裁判としては過去最長となった裁判の判決が10月10日、言い渡された。

 「犯行は卑劣で悪質」「被害者が受けた恐怖感、屈辱感の精神的苦痛は計り知れない」「刑事責任は極めて重く、相当長期の懲役刑をもって臨むべき」

 傍聴者でほぼ満席になった京都地裁の大法廷で、市川太志裁判長は田中被告を有罪とする判決理由を淡々と読み上げた。

 弁護人は一貫して無罪を主張、自身は黙秘していた田中被告だったが、結果を予想していたのか、小太りの体で証言台に立ったまま、特に驚いた様子も見せず「理由」に耳を傾けた。