地方公務員だった者です。在職中に不祥事があり、自主退職しました。その後、不...

地方公務員だった者です。在職中に不祥事があり、自主退職しました。
その後、不祥事が表面化し、このまま行くと懲戒の対象になるのではないかと心配しています。
退職者にも懲戒処分はあるのでしょうか。

恥ずかしながら(逮捕されるほどの問題ではありませんでしたが)不祥事があり、所属長からの指摘を受け責任を取って自主退職しました。処分は一切受けていません。
しかし、その後半年を経過し事実が表面化して、人事委員会からかなり重い懲戒を受ける可能性が出てきました。
処分を受けると賞罰の事実が発生し、現在の新しい職を失いかねません。
退職者にも懲戒はあると聞いてますが、このような事例ではどのような扱いになるのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

自主退職後に懲戒処分が出る程の不祥事を起こした場合は
以下の手続きを踏まれる場合が多いようです。
・退職理由が一身上から解雇処分に変更
離職票の理由が変わるため、現職を面接した際に真相を伝えてない場合
解雇相当の理由となる可能性があります。
・退職金の返納
退職金を受領している場合、懲戒解雇では返納する義務が発生する事が
殆どですので返納しなければなりません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索: