不祥事再発防止策をまとめました


提供: 中津川市Wiki

不祥事再発防止策をまとめましたので、概要をお知らせします

  • 経緯
    • H21.1.27 「中津川市不祥事再発防止委員会」 (副市長以下部長級職員21名) 設置
    • H21.1.28 作業部会(課長級)・ワーキンググループ(係長級)による対策立案作業(44名で31回開催 延べ258人)
    • 職員による「中津川市不祥事再発防止委員会報告書」を作成
    • 市民による「中津川市不祥事再発防止対策評価・提言委員会」を開催し、H21.5.22まで延べ3回にわたって評価・提言を受ける
    • 評価・提言を受け「中津川市不祥事再発防止委員会」において再発防止策を決定
    • 市長に再発防止策を報告


  • 報告書の概要
    • 公金詐欺事件の概要
      • 従来から本来一線を画すべき業者との間において、馴れ合いがあったため、元建設会社役員から多額の借入を行った。水増し工事と架空工事により公金を詐取し、捻出した金を返済に充てた。
    • 事件発生の原因
      • 「個の気質」に起因し、上司が部下に仕事を任せっぱなしとなり、検査等のチェック機能が不十分となっていた。
    • 具体的な取り組み
      • 職員一人ひとりが取り組むこと、各所管で取り組むこと、市役所全体として取り組むこと、外部の目によりチェックすること、の4つの項目で防止策をまとめました。


  • 今後
    • この再発防止策を机上の空論に終わらせることのないよう、6月以降、各種の対策を実行に移していきます。
    • H21.9月末日の進捗状況を総務部において確認し公表します。


担当課:行政管理課
電話:0573-66-1111(内線401)