ニュース 社会

記事詳細

更新


山梨県立中央病院、睡眠薬3万7千錠を紛失 帳簿管理せず、不祥事相次ぐ

相次ぐ不祥事を受け、会見で謝罪する山梨中央病院の小俣政男理事長(中央)ら=5日、甲府市富士見(松田宗弘撮影)

 山梨県立中央病院(甲府市富士見)は5日、緊急会見を開き、薬剤部が調剤用に保有する睡眠導入剤(向精神薬)のうち約3万7千錠が紛失したと発表した。

 先月30日から今月2日の朝にかけて約500錠の紛失が明らかになり、電子カルテで過去分を調べたところ、昨年8月以降の大量紛失が判明した。同院は5日、甲府署に被害届を出した。

 小俣政男理事長は会見で「誠に遺憾。職員と信頼回復に取り組む」と謝罪した。

 同院では先月、交通事故で搬送された60代男性の救急患者に異型輸血を行い、処置後に男性が死亡している。神宮寺禎巳院長は相次ぐ不祥事に、「気を引き締めたい」と述べた。

 同院によると、紛失したのは向精神薬「ゾルピデム」。睡眠効果は最も低い第三種向精神薬だが、「大量服用で昏睡(こんすい)状態になることもある」(神宮寺院長)という。

 同薬剤は薬剤部で一括管理し、調剤量に応じて調剤室の棚へ補充していた。法令で帳簿管理の義務がないとして、購入量は確認していたものの、保管量と調剤量の把握はしていなかったという。