市会議員 山田桂一郎 語る 市政報告

不祥事続きの市立大学抜本的に見直しを

掲載号:2016年10月6日号

     横浜市立大学医学部の度重なる不祥事について、9月9日の第3回定例会で一般質問しました。

     今年4月、医学部教授がパワーハラスメントで停職6カ月の処分となりました。学生や教職員に対し、頭を叩いたり、過度な叱責をしたりするパワーハラスメントを繰り返していました。他大学では諭旨退職処分や懲戒解雇処分のケースがありますが、あまりに処分が軽く、世間の常識と乖離しています。記者発表せずにホームページで2週間掲載という市大の対応は適切とは言えません。他にも職員や教員による暴行事件やセクハラ、児童ポルノ、危険ドラッグ密輸などの不祥事が続いています。このまま横浜市の税金を投入し続けるのか、どう市民の信頼を回復していくのか、林市長の考えを問いました。

     市長は「公表方法は不十分であり、公表基準を見直した」「こういう教授がいることは恥ずべきこと。ハラスメントが2度とあってはならない。抜本的な対策に取り組むべきで理事長と話し合っていく」という考えを示しました。

     私は、この教授を教室主任教授に復帰させないよう要望し、市大の姿勢を抜本的に見直すよう求めました。

    議会控室【電話】045・671・4435

    港南区・栄区版の意見広告最新3件

    関連記事(ベータ版)