日本ボクシング連盟、近大監督を除名処分へ=セクハラ問題受け
時事通信 2017/7/11(火) 20:32配信

 近大ボクシング部の男性監督(29)による女子部員へのセクハラ問題を受け、アマチュアを統括する日本ボクシング連盟の山根明会長が11日、大阪市内で取材に応じ、男性監督を近く除名処分とする方針を示した。連盟が行った女性部員への聞き取りなどから、セクハラ行為があったことを認定した。

 女性側が大学と連盟に申し出て問題が発覚。連盟によると、女性部員は男性監督から性的な言葉を掛けられたなどと訴えている。昨年から被害に遭っていたとされ、山根会長は「とんでもない、許せない発言があった。女性には申し訳なく思うし、悲しい」と述べた。 
PTA会費から非常勤講師の交通費 岡山県立高十数校、県教委が是正指導
山陽新聞デジタル 2017/7/11(火) 8:10配信

 岡山県の県立高校51校のうち少なくとも十数校で、保護者らから集めたPTA会費の一部が非常勤講師の交通費として支出されていることが10日、県教委などへの取材で分かった。非常勤講師の交通費は公費で賄われており、学校側が独自に二重支給している格好。県教委はPTA会費を交通費に充てることを禁じており、学校側に対して是正を求める方針だ。

 県立高校の非常勤講師の交通費は、勤務1時間当たり2740円の報酬に含める形で同210円が一律に支給されており、通勤距離や交通手段などは反映されない仕組み。県教委は「県北部などでは人材不足から講師確保が難しい状況にある」としており、担い手の偏在を背景に、学校側が交通費を上乗せして人材確保を図ったとみている。

 6月下旬、外部からの指摘で発覚した。県教委は現在、全ての県立高校を対象に聞き取り調査を進めており、これまでに10校以上でPTA会費を交通費として支出していることが判明。大半は岡山、倉敷市など県南都市部から遠い地域にある高校で、支出額が年100万円を超えるケースも確認されているという。

 PTA会費を巡っては県教委が2004年度、全国的に私的流用などの不正が相次いだのを受け、独自のマニュアルを策定。教職員の交通費などとして支出することを禁止しており、今回支出が確認された学校に対しては、速やかに是正するよう指導を徹底する。

 県教委教職員課は「学校運営に関する費用は公費負担が原則で、PTA会費からの支出は不適切と言わざるを得ない」と指摘した上で、「学校側にとってはやむを得ない事情もあり、今後、より実態に即した交通費支給の在り方を研究したい」としている。

 非常勤講師は原則教員免許を持つが、年間の時間数契約で任用されている教員。研修などで不在の教諭の代わりを務めたり、高校で専門性の高い科目を担当したりする。岡山県立高校には5月現在、計586人が勤務している。
「援交募集」知人女性なりすまし投稿容疑 高校教諭逮捕
朝日新聞デジタル 2017/7/10(月) 15:26配信

 知人女性になりすましインターネット上に女性の名誉を傷つける投稿をしたとして、滋賀県警は10日、県立日野高校教諭、北中涼裕容疑者(25)=滋賀県東近江市蛇溝町=を名誉毀損(きそん)容疑で逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めている。

 草津署によると、北中容疑者は5月21日、滋賀県栗東市内の専門学校生の女性(18)の顔の画像や名前を使って女性になりすまし、自身のスマートフォンからSNS上に女性が援助交際を募っているといううその内容を投稿して、女性の名誉を傷つけた疑いがある。北中容疑者と女性は知人で、女性が5月下旬に署へ相談して発覚したという。

 日野高校によると、北中容疑者は2016年に同校に赴任し、数学を担当していた。吉沢松美校長(59)は「多くの方にご迷惑をおかけして誠に申し訳ない。それぞれの教員の心に届く指導をしていかなければならないと思う」と話した。
学童クラブの非常勤職員を逮捕 強制わいせつの疑い
朝日新聞 2017年6月30日16時36分

 女性の後をつけて下半身を触ったとして、警視庁は30日、東京都世田谷区役所の非常勤職員、福山修容疑者(23)=神奈川県平塚市=を強制わいせつの疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。
 調布署によると、福山容疑者は3月8日午後10時ごろ、東京都狛江市のアパートの階段で、帰宅途中の20代女性を後ろから押し倒し、スカートの中に手を入れて下半身を触った疑いがある。この前に2人は同じ電車に乗っていて、福山容疑者は女性が下車した駅から後をつけていたという。女性は電車内で痴漢被害にも遭っているといい、署は関連を調べる。
 世田谷区人事課によると、福山容疑者は事件後の4月から非常勤で同区児童課に勤務。学童クラブで児童の保護や育成を担当していた。区は「事実確認をした上で、厳正に処分を考えたい」とコメントした。
幼児園教諭が強制わいせつ 滋賀、容疑で逮捕
京都新聞 2017/7/8(土) 23:00配信

 滋賀県警東近江署は8日、強制わいせつの疑いで、近江八幡市西本郷町西、東近江市立さくらんぼ幼児園教諭の男(37)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、8日午後1時40分ごろ、東近江市内の路上で女性(23)の胸を触るなどした疑い。
 同署によると、女性が「助けて」と110番し、発信場所から現場を特定して署員が駆けつけたという。

----

23歳女性の服に手入れ胸触る 37歳保育教諭を強制わいせつで逮捕
産経新聞 2017.7.9 09:17

 滋賀県東近江市の路上で8日昼に女性(23)の胸を触ったとして、東近江署は同日、強制わいせつの疑いで同市立幼児園の保育教諭、堀邦弘容疑者(37)=近江八幡市西本郷町西=を現行犯逮捕した。調べに対し、容疑を認めている。

 逮捕容疑は8日午後1時40分ごろ、東近江市蒲生寺町の路上で、女性(23)の服の中に手を入れ、胸を触ったとしている。

 同署によると、女性から「助けてください」と110番があり、駆けつけた同署員が堀容疑者に確認したところ、触ったことを認めたため逮捕したという。同署は、2人の関係や犯行当時の状況などをくわしく調べている。
幼稚園放火容疑の女性教諭を釈放
毎日放送 2017/7/6(木) 19:16配信

 今年5月、大阪市都島区の幼稚園でダンボールなどに火を付けたとして逮捕された女性教諭が処分保留で釈放されました。

 6日釈放されたのは、大阪市都島区にある育生幼稚園の31歳の女性教諭です。女性教諭は今年5月、教室内のダンボールなどに火を付け棚などを燃やした疑いで先月、逮捕されました。

 警察によりますと、女性教諭は容疑を否認し、最近は黙秘していたということです。検察は釈放の理由について、起訴するに足りる証拠がないためとしていますが、6日教諭の代理人は会見で、客観的な証拠がない中の不当な逮捕だったと話しました。

 「科学的な捜査ではなく自白があれば事件が解明するという態度に強い怒りを持っている。『あの火事はいったいなんだったんでしょうね』というのが(女性教諭が)私に発した疑問でした」(伊賀興一弁護士)

 幼稚園では事件の2週間後にも不審火がありましたが、その真相も明らかになっていません。



2016年度公立学校調査 教職員による体罰26件(埼玉県)
テレ玉 2017/7/6(木) 22:22配信

昨年度=2016年度にさいたま市をのぞく県内の公立学校で起きた児童・生徒に対する体罰は26件あり、被害にあったのは31人だったことが県教育局の調べでわかりました。

調査は県教育局がさいたま市をのぞく県内すべての公立の小・中学校と高校、それに特別支援学校合わせて1245校を対象に、昨年度1年間に起きた児童や生徒への体罰について調べました。

それによりますと、昨年度にあった体罰は26件で、体罰を行った教職員は23人、被害にあった児童・生徒は31人でした。体罰が行われた場面は、授業中が最も多い12件、次いで放課後が6件、部活動中が3件と続いています。

体罰の内容は「素手でたたく」が14件で最も多く、「蹴る」と「投げる・転倒させる」がともに2件となっています。体罰によりけがをしたのは骨折と打撲が1人ずつの合わせて2人で、あごの骨を折るなど全治1年のけがをさせた小学校の教諭は懲戒免職となっています。
体操クラブ経営者が教え子にわいせつ 今年6月にも…
毎日放送 2017/7/6(木) 19:12配信

 大阪で体操クラブを経営する男が、所属する女の子の体を触ったとして強制わいせつの疑いで逮捕されました。

 警察の調べによりますと、筒井邦彦容疑者(39)は2013年8月、体操クラブのレクリエーションで行ったキャンプ場の多目的トイレで、当時10歳未満の女の子の服を脱がせて下半身などを触った疑いがもたれています。

 警察の取り調べに対し、筒井容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。筒井容疑者は今年6月、同じ手口でクラブに通う別の10代前半の少女の身体を触ったとして逮捕、起訴されています。

----

児童ポルノ法違反もか…女児強制わいせつの体操クラブ経営者の男を再逮捕/奈良
奈良テレビ放送 2017/7/6(木) 19:30配信

 教え子の女子児童の体を触った疑いで体操クラブ経営する奈良県王寺町の男が、きょう再逮捕されました。

 強制わいせつの疑いで再逮捕されたのは、王寺町畠田に住み、大阪府内で体操クラブを経営する筒井邦彦容疑者(39)です。警察の調べによりますと、筒井容疑者は2013年8月に滋賀県内のキャンプ場のトイレに、教え子で当時10歳未満の女子児童を連れ込み胸など全身を触った疑いがもたれています。調べに対して筒井容疑者は「わいせつな行為をしたことは間違いない」と容疑を認めているということです。

 筒井容疑者は別の教え子の体を触ったとして先月、逮捕・起訴されていて、今回の事件は筒井容疑者が自供し発覚しました。筒井容疑者の携帯電話には女性の体の写真も確認されており、警察では児童ポルノ法違反の可能性もあるとみて捜査を進める方針です。



「入浴すればアルコール飛ぶと思い…」スーパー銭湯で飲酒後、車運転した神戸市職員ら4人を懲戒処分
産経新聞 2017/7/7(金) 8:24配信

 神戸市は6日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で県警に逮捕されたとして、水道局の男性技術職員(36)を停職6カ月の懲戒処分にした。市教委も同日、教職員3人の懲戒処分を発表した。

 市によると、技術職員は先月5日夜、市内のスーパー銭湯で缶酎ハイ2本を飲んで風呂に入った。その後、自家用車で帰宅する際、検問で基準値を超えるアルコールが検出され、神戸西署員に逮捕された。技術職員は「入浴すればアルコールが飛ぶと思い、安易な気持ちで飲んでしまった」と話したという。

 一方、市教委は、5月15日夜に酒を飲んで車を運転したとして、加古川署に道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕された市立小の男性管理員(46)を停職6カ月の処分とした。5月28日に神戸市内の雑貨店で衣類を盗んだとして窃盗容疑で生田署に逮捕された市立中学の女性臨時講師(24)を停職1カ月の、また体育の授業中、指導に従わなかった男子生徒の顔に平手打ちの体罰を行ったとして、市立中学の男性教諭(51)を戒告の懲戒処分とした。