2016年度※表示順は、第三者委員会設置のIR公表日順となっております。

証券コード
上場市場
会社名会計監査人
(第三者委員会設置前)
適時開示(IR)第三者委員会
調査報告書
第三者委員会
設置目的
第三者委員会
委員
第三者委員会
補助者
日付日付
9747
東証1
株式会社アサツー ディ・ケイ新日本2016/12/272017/01/06
2017/01/10
<特別調査委員会>
①ゴンゾ検出事項に係る事実関係の解明
②上記①に係る会計処理について問題点がある場合の原因解明(関与者の故意・過失の有無を含む。)及びその再発防止策の提言
③上記①及び②に関連して当委員会が必要と認めた事項
委員長:(公認会計士宇澤事務所 公認会計士・公認不正検査士)
 宇澤 亜弓
委員:(シティユーワ法律事務所 弁護士)
 石井 輝久
委員:(祝田法律事務所 弁護士)
 熊谷 真喜
株式会社 KPMG FAS 公認会計士
 高岡 俊文
 須賀 永治
 他 6 名
シティユーワ律事務所 弁護士
 長木 裕史
 市橋 卓
 その他弁護士・法律事務職員 2名
祝田法律事務所 弁護士
 清野 訟一
 榎木 智浩
2743
JASDAQ
ピクセルカンパニーズ株式会社明誠2016/12/09
2016/12/22
2017/01/31<社内調査委員会>
今回の事象に関する事実関係の認定、発生原因及び問題点の調査分析、その他同種事案の有無調査を行うと共に、会計処理の適正性・妥当性についての検討。また内部統制・コンプライアンス・ガバナンス上の問題点の調査分析を行い、そして、再発防止の提言を行うもの。
委員長:(豊島総合法律事務所 弁護士)
 豊島 國史
委員:(東京フィナンシャル・アドバイザーズ株式会社 公認会計士)
 能勢 元
委員:(当社監査役(社外))
 櫻井 紀昌
委員:(当社監査役(社外))
 中里 猛志
弁護士 3名
公認会計士 2名
2432
東証1
株式会社ディー・エヌ・エー新日本2016/12/05
2016/12/15
2017/03/13
2017/03/13
2017/03/13
①本問題について詳細な事実関係の調査
②本問題の原因の究明(直接的な原因のみならず、企業風土、コンプライアンス及び組織運営体制の課題といった背景となる要因等を含む。)
③必要な改善提案
委員長:(元日本アイ・ビー・エム株式会社取締役 弁護士)
 名取 勝也
委員:(元新日本製鐵株式会社常務取締役 弁護士)
 西川 元啓
委員:(国立情報学研究所客員教授 弁護士)
 岡村 久道
委員:(元東京地方検察庁特捜部検事 弁護士)
 沖田 美恵子
西村あさひ法律事務所 弁護士
 梅林 啓
 水島 淳
 泰田 啓太
 山田 徹
 荒井 喜美
 冨谷 治亮
 河野 匠範
 鈴木 悠介
 伊豆 明彦
 北住 敏樹
 前川 良介
 石堂 伶奈
 河野 光輝
 東條 桜子
 西田 朝輝
 細谷 夏生
クロールインターナショナルインク
4911
東証1
株式会社 資生堂あずさ2016/12/02未公表原因の解明と再発防止
1882
東証1
東亜道路工業株式会社新日本2016/11/11
2016/11/14
2016/12/12(1)今回の事象に関する事実関係の認定、発生原因及び問題点の調査分析その他同種事象の有無調査
(2)今回の事象に関する内部統制、コンプライアンス、ガバナンス上の問題点の調査分析
(3)上記(1)及び(2)の調査分析結果の報告及び再発防止策の提言
委員長:(光和総合法律事務所 弁護士)
 石川 哲夫
委員:(社本公一会計事務所 公認会計士)
 社本 公一
委員:(光和総合法律事務所 弁護士)
 坂下 大貴
委員:(社外監査役 常勤監査役)
 森 信一
3286
マザーズ・福証
トラストホールディングス株式会社三優2016/11/042016/12/06<社内調査委員会>
本件不適切会計処理に係る事実関係を解明するとともに、平成28 年 6 月期第 2 四半期(平成 27 年 10 月~)以降の TNW 社の全事業(本ウォーター事業、不動産事業、アミューズメント事業)及び当社グループの主力事業である駐車場事業を中心として当社グループにおいて類似の事象が存しないかを調査し、併せて本件不適切会計処理の原因究明と再発防止策の提言を行うもの。
委員長:(当社社外取締役)
 木下 敏之
委員:(当社社外監査役/常勤)
 市原 一也
委員:(当社社外監査役)
 江口 秀人
委員:(当社社外監査役)
 梁井 純輔
委員:(当社管理部部長)
 北嶋 重晴
委員:(徳永・松崎・斉藤法律事務所 弁護士)
 熊谷 善昭
委員:(株式会社アーク・フィナンシャル
・インテリジェンス 公認会計士)
 寺崎 晋介
3673
東証1
株式会社ブロードリーフあずさ2016/10/282016/12/29
2017/01/31
①本件不正行為に関する事案関係の調査
②本件不正行為に類似する不正の有無の調査
③本件不正行為が当社の会計処理に及ぼす影響の調査
④発生原因の分析
⑤再発防止策の提言
委員長:(常勤監査役)
 青木 伸也
委員:(森・濱田松本法律事務所パートナー 弁護士)
 藤津 康彦
委員:(株式会社プロキューブジャパン 公認会計士)
 大塚 晃
委員:(株式会社プロキューブジャパン 公認会計士)
 松下 剛士
森・濱田松本法律事務所 弁護士
 新井 朗司
 塚田 智宏
株式会社プロキューブジャパン 公認会計士
 衣笠 洋子
 石北 章太
6493
東証2
日鍛バルブ株式会社新日本2016/10/25
2016/10/31
2016/12/09<社内調査委員会>
① 本件不適切会計処理に係る事実関係の調査
② 本件不適切会計処理に類似する事象の有無の調査
③ 判明した事項が当社の過年度の会計処理に及ぼす影響の調査
④ 発生原因の分析及び再発防止策の提言
委員長:(当社常務取締役 当社グローバル・コンプライアンス責任者)
 李 太煥
委員:(森・濱田松本法律事務所 弁護士)
 奥田 洋一
委員:(U&Iアドバイザリーサービス株式会社 公認会計士)
 山田 重嗣
委員:(当社独立社外監査役)
 下山 秀弥
森・濱田松本法律事務所 弁護士
 藤津 康彦
 矢田 悠
 田尻 佳菜子
 塚田 智宏
 千原 剛
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社
北京U&Iアドバイザリーサービス有限公司
4064
東証1
日本カーバイド工業株式会社トーマツ2016/10/192016/12/02<特別調査委員会>
① 本件不適切行為の疑義に関する事実関係及び発生原因の調査分析
② 同種事象の有無の調査
③ 上記①及び②の調査結果を踏まえた再発防止策の提言
委員長:(当社代表取締役社長)
 松尾 時雄
委員:(株式会社 KPMG FAS 公認会計士)
 髙岡 俊文
委員:(弁護士法人小野総合法律事務所 弁護士)
 藤村 啓
弁護士法人小野総合法律事務所 弁護士
 小池 孝史
株式会社 KPMG FAS 公認会計士
 藤田 大介
 他13名
3674
マザーズ
株式会社オークファンあずさ2016/10/142016/11/11a 事実関係及び問題点の調査分析
b 会計処理についての検討
c 当委員会が調査の過程において必要と認める一切の事項及び行為
委員長:(常勤監査役)
 平野 良一
委員:(東京フィナンシャル・アドバイザーズ株式会社 公認会計士)
  能勢 元
委員:(松村総合法律事務所 弁護士)
  松村 正哲
4324
東証1
株式会社電通トーマツ2016/09/23
2016/12/26
2017/01/17<社内調査委員会>
不適切業務が発生した原因の解明を含む業務実態の把握、検証を企図した調査
委員長:(取締役副社長執行役員)
 中本 祥一
委員:外部の専門家を含む全4名
7715
東証1
長野計器株式会社トーマツ2016/09/162016/10/14<社内調査委員会>
①本件不適切会計処理の内容、
②本件不適切会計処理の動機及び原因・背景、
③本件不適切会計処理の当社連結財務諸表に与える影響、
④当社の他の連結子会社における同様の不適切会計処理の存否、および
⑤再発防止策の分析・検討を行うこと
常務取締役経理部・情報システム部担当
 眞島 政弘
常務取締役法務・コンプライアンス部担当
 小松 哲夫
常勤監査役
 今井 善治
伊藤見富法律事務所 弁護士
 吉村 龍吾
公認会計士
 中嶋 克久
当社従業員 4名(総務統括部所属1名、経理部所属2名、法務・コンプライアンス部所属1名)
外部弁護士 3名
外部公認会計士 2名
9232
東証1
株式会社パスコあずさ2016/08/032016/09/14① 本件不適切会計処理に係る事実関係の有無及び発生原因等について
② 本件不適切会計処理の会計上の適正性・妥当性について
③ 本件不適切会計処理の内部統制・コンプライアンス・ガバナンスからの問題点について
④ 本件不適切会計処理以外の不適切な会計処理の有無について
⑤ 再発防止の提言
委員長:(元名古屋高等検察庁検事長 弁護士)
 髙野 利雄
委員:(あさひ法律事務所 弁護士)
 中久保 満昭
委員:(伊藤公認会計士事務所 公認会計士)
 伊藤 修平
その他弁護士及び公認会計士
3691
マザーズ
株式会社リアルワールドあずさ2016/08/292016/09/15<独立調査委員会>
①本件各取引に関する事実関係及び問題点の調査分析
②本件各取引に係る会計処理についての検討
③ 当委員会が調査の過程において必要と認める一切の事項及び行為
委員:(日比谷総合法律事務所 弁護士)
 神垣 清水
委員:(松村総合法律事務所 弁護士)
 松村 正哲
委員:(東京フィナンシャル・アドバイザーズ株式会社 公認会計士)
 能勢 元
4764
JASDAQ
株式会社デジタルデザイン清和2016/08/092016/08/31当該不適切な経費処理について、事実関係の調査を行い、それに至った原因を究明し、再発防止策の検討・提言を行う事。委員長:(小笠原六川国際総合法律事務所 代表パートナー 弁護士)
 六川 浩明
委員:(公認会計士、税理士)
 北村 恵美
2705
JASDAQ
株式会社大戸屋ホールディングス三優2016/08/092016/10/04
2016/10/04
2016/10/04
当社及びグループ会社において、現在顕在化している懸案事項(当社筆頭株主及び一部大株主との関係を含む)について、コンプライアンス及びガバナンスの観点から、客観的な立場からの事実関係の調査、審議、助言を行うこと。委員長:(郷原総合コンプライアンス法律事務所 弁護士)
 郷原 信郎
委員:(弁護士)
 赤松 幸夫
委員:(公認会計士)
 樋口 哲朗
6839
東証1
船井電機株式会社トーマツ2016/08/042016/10/13<社内調査委員会>
①今回発覚した不適切な会計処理の概要、経緯および発生原因の調査と再発防止策の提言
②その他、社内調査委員会が必要と認めた対象事項についての調査
委員長: (当社取締役)
 牧浦 弘幸
委員:(当社取締役 監査等委員長)
 石崎 弘
委員: (監査室)
 山口 義人
3501
東証1
住江織物株式会社トーマツ2016/07/292016/10/25
2016/10/28
2016/11/04
当社がとるべき会計処理の検討を行う為、不適切会計の兆候のある事実関係について、米国における外部調査機関による調査を更に拡大深化させて継続する事と並行して、STA で発見された不適切な会計処理の兆候について、これらを示唆・強要する直接的関与だけでなく、過大な圧力を掛けるといった間接的な形での当社の関与の有無や現状の内部統制上の問題点等についての調査及び分析並びにその他、第三者委員会が必要と認めた全ての事項について調査及び分析を行うもの。委員長:(弁護士法人三宅法律事務所 代表社員 弁護士)
 千森 秀郎
委員:(弁護士法人三宅法律事務所 パートナー 弁護士)
 黒田 清行
委員:(中辻公認会計士事務所 公認会計士)
 中辻 義則
4764
JASDAQ
株式会社デジタルデザイン清和2016/07/26未公表<内部調査委員会>
より詳細な調査を迅速に実施するもの。
1868
東証1
三井ホーム株式会社あずさ2016/07/252016/08/02<社内調査委員会>
本件不適切会計処理に係る事実関係を解明し、当社の他の事業部門において同様の事象が存在しないかを調査し、併せて本件不適切会計処理の原因の究明、分析と再発防止策の提言等を行うこと。
委員長:(取締役常務執行役員)
 山本 実
委員:(総務部長)
 徳田 荘二
委員:(経理部長)
 樺澤 久人
委員:(監査室長)
 藤竹 貴義
委員:(人事部長)
 五井 尚人
法律事務所
コンサルティング会社