贈収賄容疑で市参事ら逮捕=東大阪市立病院の庭園整備-大阪府警

 東大阪市立総合病院(現・市立東大阪医療センター)の庭園整備を受注させる見返りに、造園業者から現金50万円を受け取ったとして、大阪府警捜査2課は31日、収賄容疑で病院の元事務局長で東大阪市健康部参事の築山秀次容疑者(59)=同市新池島町=を、贈賄容疑で「ホソカワストーンズ」(同市)社長の細川鉄夫容疑者(68)=同市日下町=を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑では、築山容疑者は昨年4月上旬、病院の庭園整備を発注する謝礼と知りながら、細川容疑者から市内の飲食店で現金50万円を受け取った疑い。
 同課によると、築山容疑者は当時事務局長として、2000万円以内の工事の発注業者を決める権限があった。昨年10月の独立行政法人化を見据え計画していた庭園の再整備について、既存の庭園の維持管理を受注していた細川容疑者に声を掛けたとみられる。
 細川容疑者は二百数十万円の見積もりを作成したが、築山容疑者が昨年秋に病院職員の不祥事に絡んで異動したため、工事は発注されなかった。同課は受け取った現金は旅行などに充てたとみている。(2017/05/31-23:30) 関連ニュース