あらら・・・国税職員の不祥事

昨日、私が現職のときに所属していた国税局・調査第一部の主査が職場を早退し、帰りの電車の中で女子大生を盗撮したとのことで警察に逮捕されました。本人は容疑を認めているそうです。採用が1期下の後輩でした。

早退して盗撮・・・とはこれ如何に?!

数ヶ月に1回程度、国税職員の不祥事がニュースとして取り上げられます。警察や国税職員の不祥事は「取り締まる側」の公務員の失態として話題性があるのか、容赦なく報道されます。国税職員は全国で約55,000人・・・これだけ人が集まれば中には変わった者もいるでしょうが、それにしても不祥事が多すぎますね・・・

現職の時代は、そのような不祥事のニュースが流れるたびに調査先で肩身の狭い思いをしたものです。心無い一人の職員の不法行為、犯罪行為が組織全体の信用失墜につながります。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも365日・24時間対応しています。とりあえずご一報ください。

24時間 365日対応
緊急案件OK