「警察一家」の息子が拳銃で自殺 両親が「愛知県警内のパワハラが原因」と提訴

 2010年11月、愛知県警巡査の米山雄司さん(当時24)が拳銃自殺した。両親の洋司さん(愛知県警警部補、59)と洋子さん(58)は今年8月、雄司さんの自殺は上司によるパワハラや暴力が原因だとして、愛知県警を所轄する愛知県に損害賠償を求める裁判を起こした。両親が子どもを失った悲しみ、無念さを本誌だけに語った。

 祖父も父親も警察官。母親も交通巡視員や少年補導職員として警察に勤めていた。「警察一家」で育った雄司さんが警察官を志したのは自然な流れだった。高校卒業後の05年4月に愛知県警に採用され、警察学校に入校した。

「警察学校の教官から『お前は警察官不適格者だ』と言われ続け、反省文ばかり書かされていました。コピーをとる際に原紙をコピー機に忘れたとか、走るのが遅いといったことが理由でした。教官から『指導』という名のいじめを受けていたんです。それでも私たちに心配をかけまいと思ったのでしょう、週末に自宅に帰っても学校のことは何も話さず、精神的にも相当参っているようでした」(洋司さん)