USJの阪田社長が辞任/不祥事で引責会見

2002/10/03 12:41


 記者会見に臨む「ユー・エス・ジェイ」の阪田晃社長=3日午前11時45分、大阪市此花区

 米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市此花区)の運営会社「ユー・エス・ジェイ」の阪田晃社長(62)は3日、本社で会見し、一連の不祥事の責任を取って辞任すると発表した。後任は、設立当初の運営会社会長で、大阪市の佐々木伸元助役に内定した。

 阪田社長は「ゲストや株主の皆さんに多大な迷惑をおかけした。経営者としての責任を重く受け止め、辞任を決めた」と述べた。

 USJは今年7月から8月にかけ、賞味期限切れの食材を使用していた事実や、火薬の不正使用事件などが次々に発覚。これを受けて同社は8月、阪田社長らの報酬カットなど社内処分を行った。

 阪田社長は1999年に同市港湾局長を退任し、大阪市や米ユニバーサル社などが出資するユー・エス・ジェイ社社長に就任した。