VW決算発表 排ガス不正の影響で過去最大の赤字(2016/04/28 21:30)

 ドイツの自動車大手「フォルクスワーゲン」が、去年1年間の決算を記者会見で発表しました。排ガス不正問題の影響で過去最大の赤字に転落しました。

 フォルクスワーゲンによりますと、グループ全体の売り上げは前の年に比べて5.4%増えて約26兆円でした。しかし、去年9月に発覚した排ガス不正問題の影響で、リコールや修理などの対策費として約2兆円を引き当てたため、最終的な損益は過去最大の約2000億円の赤字に転落しました。ドイツメディアによりますと、年間で赤字に転落するのは1993年以来です。会見でミュラー社長は「顧客を失望させ、裏切ってしまった。信頼回復こそが会社の最重要案件だ」としたうえで、ディーゼル車については、今後も主力商品として開発や販売を続けていく方針を示しました。