ワイヤーロープに接触・一時通行止め

7/14(金) 11:32

 14日朝早く宮崎市の東九州自動車道で、トラックが中央分離帯に設置されたワイヤーロープ式の防護柵に接触する事故があり、宮崎西ICから西都ICの間で約4時間にわたり一時通行止めとなりました。事故があったのは宮崎市佐土原町の東九州自動車道、西都ICから下りに約3キロの地点で14日午前5時40分ごろ、中型トラックが中央分離帯に設置されたワイヤーロープ式の防護柵に接触し、停止しました。警察によりますとトラックの運転手の男性にけがはありませんでしたが、この事故で防護柵を修復する作業のため、宮崎西ICから西都ICの間で約4時間にわたって全面通行止めとなりました。ワイヤーロープ式の防護柵は、高速道路での正面衝突事故を防ごうと国土交通省が今年4月に設置したもので、この防護柵に接触する事故の発生は県内では初めてです。

7月14日(金)

・シーガイアがリニューアル発表
・発達障害の子供をどう支援?
・熱戦!甲子園県大会

  • アポロ11号で「月の石」運んだバッグが競売へ (7/14 14:44)
  • 日EU・EPA大枠合意受け、国内対策の基本方針決定 (7/14 14:43)
  • 横綱・稀勢の里、2場所連続3度目の休場 (7/14 13:40)
  • 元同僚に大けが、元格闘家らを傷害などの疑いで逮捕 (7/14 13:39)
  • 東京五輪公式グッズ、浴衣が登場 (7/14 13:37)
  • 障害者男性が熱中症死か、埼玉県が施設に立ち入り調査 (7/14 13:37)
  • 劉暁波氏死去、岸田外相「中国の人権状況注視」 (7/14 13:29)
  • 各地で猛暑日、熱中症に注意 (7/14 13:28)
  • 米軍横田基地に飛翔弾、「革労協」活動家を逮捕 (7/14 10:07)
  • パリでトランプ大統領への抗議集会、パリ協定離脱に怒りの声 (7/14 08:05)