「万引き」「いじめ」「暴力」...。

   高校野球でこんな不祥事が相次いでいるのを知っているだろうか。しかも毎月、処分が行われている。

  • 華々しい甲子園の檜舞台の裏では陰湿な不祥事が

高校が圧倒的に多い

「野球部員が窃盗と、盗品授受。よって対外試合禁止3ヶ月とする」

   2016年12月16日、日本学生野球協会の審査室会議が当該高校に下した処分である。この会議は学生の不祥事の処分を決めるもので、計10件の処分が発表された。その内容は部員だけでなく監督、部長の行為も含まれている。

   「部員のいじめ」
   「部員の暴力」
   「監督、部長の暴力」

   この審査室は毎月のように開かれている。不祥事がいかに多いかを示す証明である。

   今年も多かった。高校が圧倒的に多く、9月には15件、7月には13件(他に大学1件)、10月12件、3月11件。ひと桁だった他の月の分も加えると、1年間で100件近くになる。

   高校野球というと、春夏の甲子園大会が象徴となっている。「汗と涙」が常に報道され、日本のスポーツ大会ではもっともファンを興奮させる最大のイベントといっていい。優秀選手にとってはプロ野球への登竜門である。

   実は、一方では、驚くべき不祥事が起きている。高校野球のイメージを損なう「もう一つの顔」だ。