お知らせ

【重要】不祥事件発生について

平成22年2月10日(水)付けで公表いたしました通り、ソニー銀行の社員がお客さまの預金を不正に出金する事件が起きました。お客さまにはご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。なお、当該社員については、すでに懲戒解雇としております。

発表文の通り、事件はお客さまからお問い合わせをいただき発覚しました。その後の社内調査によって、この社員が平成20年9月から平成21年8月にかけて、5名のお客さまの口座から総額で約3,700万円の資金を出金し、着服したものだと判明しております。被害に遭われたお客さまには説明を申し上げ、被害の全額を弁済させていただきました。同時に他のお客さまは大丈夫であることを確認いたしました。弊社では、全てのお客さまのパスワード情報は暗号化されており、社員であってもお客さまのパスワードを見ることは不可能となっています。今回の犯行は、お客さまがパスワードをお忘れになった際の手続き上の欠陥を突かれたものであり、直ちに対応し、既に改善しています。

なお、事件発覚から4カ月近く経過してからの公表といたしましたのは、事態の全容把握と刑事告訴の準備、および被害に遭われたお客さまの特定と迅速かつ完全な補償をさせていただくことを最優先に進めてきたことによるものです。この度、内部調査が完了し刑事告訴をしたことをもって公表させていただくこととしました。

お客さまに大きなご迷惑とご不安を与える不祥事件が起きたことは、誠に申し訳なく、ただただお詫び申し上げます。利便性と安全性のバランスには常に心を砕いていますが、今回の事件を反省し、より適切な仕組みを作るとともに、働いている一人ひとりが業務の重要性を認識し、お客さまの信頼を回復するよう、なお一層の努力をして参ります。
引き続きご愛顧のほどお願い申し上げます。

平成22年2月12日

ソニー銀行株式会社
代表取締役社長 兼 CEO