思わず本音が出てしまったのだろう。初場所を全勝優勝で飾ったまではよかったが、翌日の会見でまさかの審判批判を繰り広げた大相撲の横綱、白鵬(29)=本名、ムンフバト・ダヴァジャルガル。後日、テレビ局のバラエティー番組に出演し、謝罪の姿勢を見せたが、問題はいまだにくすぶっている。だが、この角界。白鵬の振る舞いはいただけないものの、それがかわいく思えるほど過去にはこんな豪傑が…。

 1月26日の会見で白鵬が言及したのは13日目の稀勢の里戦。2人とも土俵の外に出るのがほぼ同時と判断され、白鵬は取り直しの末に勝利を収めた。だが、本人はあくまで1回目の取り組みで勝っていたとし、「子供が見ても(勝っていると)わかる相撲」と、審判団にかみついた。反響はすさまじく、翌日には相撲協会に100件以上の苦情が寄せられたという。

 しかし、過去にも問題行動で世間を騒がせた横綱は少なくない。

 その1人が第35代横綱・双葉山。白鵬本人も尊敬する横綱で、1939年の初場所まで続いた69連勝の記録は、76年がたつ現在も破られていない。だが、実はこの双葉山、引退し、断髪を済ませた後の47年に逮捕されている。

 理由は、双葉山がハマっていた新興宗教だった。当時、石川県金沢市で璽光尊(じこうそん)を名乗る女性教祖が戦後の世直しと称し、「東京が火の海になる」などの過激な予言で信者を集めていた。事態を重く見た当局は同年1月に教団を摘発。内部に踏み込むと、そこにいたのは何と、教祖を守ろうと仁王立ちになっている双葉山だった。

 太鼓のバチを振り回して複数の警察官と大立ち回りを演じた双葉山は、教祖らとともに逮捕。これがきっかけとなり、双葉山はマインドコントロールから覚めるが、社会を大きく騒がせた。