JA元幹部ら背任で逮捕=焦げ付き出しても再融資-神奈川県警

 過去に焦げ付きを出した貸付先であることを知りながら融資を行い損失を出したとして、神奈川県警捜査2課などは21日、背任容疑でJA県央愛川(同県愛川町)の元常務理事、小林義和容疑者(66)=同県愛川町三増=と、融資を受けた元不動産会社社長の船橋美智子容疑者(73)=同町田代=、夫で元同社役員の定容疑者(71)=同=ら計5人を逮捕した。容疑者の一部は否認しているという。
 逮捕容疑では、小林容疑者らは2012年3月、定容疑者が過去に約2億5000万円の焦げ付きを出したことを知りながら、同一生計の美智子容疑者に土地購入代金として現金645万円を貸し付け、JA県央愛川に損害を与えた疑い。
 同課によると、定容疑者が小林容疑者に融資の相談をしていたとみられる。再融資分は回収されていないという。
 JA県央愛川は、12年6月にも美智子容疑者に2340万円を貸し付けたとして、小林容疑者を背任容疑で刑事告訴。同課が捜査している。(2017/01/21-22:17)