神奈川県警察不祥事問題

提供: Yourpedia

神奈川県警察不祥事問題(かながわけんけいさつふしょうじもんだい)は神奈川県警察及び所属警察官における不祥事が多発したことから顕在化した問題の総称である。

神奈川県警察では1990年代以降、先進国の法治国家でも稀にみる警察官個人・組織による犯罪事件への直接関与などの重大不祥事が頻発しており内外ともに問題となっている。

以下の不祥事はあくまでも全体のごく一部であり、これら以外にも疑惑・不祥事が起きている。

本稿では特に話題となったものだけについて述べる。

主な不祥事・疑惑

報道された不祥事の一部。

  • 1989年 - 坂本堤弁護士一家殺害事件では、坂本が労働運動に関わっていた反体制派である事への反発から、現場の状況が相反するものであったにも拘らず単なる失踪・夜逃げと決めつけ、これが事件の長期化に繋がったと批判されている。
  • 1993年 - 藤沢警察署交通課長が酒に酔って帰宅途中、通行中の女性に抱きつき通行人に現行犯逮捕された。懲戒免職。
  • 1996年 - 戸部警察署員による覚醒剤使用事件を組織ぐるみで揉み消し。2000年5月29日に、当時の本部長と監察官(当時の署長)が横浜地裁において、犯人隠避の罪で有罪判決。
  • 1997年 - 戸部警察署で銃刀法違反で逮捕された容疑者の取調室で拳銃自殺であるが、捜査員の射殺疑惑がある。しかしこの事件はあまり報道されていない。

  保土ヶ谷事件

  • 1999年 -
    • 警察官による覚醒剤使用とその隠蔽工作が発覚(神奈川県警覚醒剤使用警官隠蔽事件)。日本の警察史上前代未聞の本部長引責辞任となり、同マニュアルには、組織防衛のために、不祥事を積極的に公表しないようにとの指示が書かれていた。
    • 相模原南警察署の巡査長による女子大生脅迫事件。暴力団組員から任意提出されていた捜査資料のネガフィルムが悪用され交際を迫るなどの脅迫材料に使われていた。元巡査長は「車を買う頭金が欲しかった。30万~40万円ぐらい、取れるんじゃないかと思った」などと被害者への接触が恐喝目的と認める供述をしている。県警は元巡査長を懲戒免職の事実を隠し自己退職と発表。また無断で持ち出した押収物を「メモ帳」などと虚偽の説明をしていた。元巡査長を窃盗容疑で逮捕。藤沢北警察署の巡査長が、交通違反の女性(18)に覚せい剤を提供し、それをネタに「逮捕する」と取調室に何度も呼び出し、3年間に10回以上のレイプを繰り返したとして、損害賠償請求を提訴された。なお、原告側の取り下げによって事件は終了している。
    • 厚木警察署集団警ら隊集団暴行事件。元巡査部長ら4人が新隊員の巡査の眉間や後頭部などに実弾入りの拳銃を突き付け脅した。また静岡県に派遣されていた同年5月、同僚巡査3人に後ろ手錠をかけ、低周波治療器で太ももに電気ショックを与え暴行した。元巡査部長ら書類送検。
    • 1994年度から98年度までの5年間に34件の懲戒処分をしていたのに、神奈川県と警察庁には、非番中の不祥事など公務時間外の処分の15件しか報告していなかったことが判明。
    • 緑警察署の巡査部長が都内の病院で万引き。
    • 本部刑事部の捜査員が暴力団に90人分の捜査員名簿を流出。
  • 2000年 - 4月26日加賀町警察署に勤務の巡査(当時25歳)が3月半ばに同署の留置場に拘留されている女性被告に対してわいせつな行為をしていたことが判明。女性被告が同月下旬に別の捜査員に取り調べを受けていた際に、この巡査に無理やり体を触られたと訴えたことから事件が発覚した。この巡査は翌日、特別公務員暴行陵虐容疑で逮捕され、同日付で懲戒免職となる。
  • 2004年- 8月25日に、横須賀警察署巡査部長らが運転するパトロールカーに対し、職務質問対象の横浜市在住の男性が、運転する乗用車を繰り返しぶつけて逃走を図ったため、巡査部長が拳銃を発砲し、男性の脇腹に命中し、男性は半身不随となって、車椅子での生活を強いられることになった。この男性は、公務執行妨害執行猶予付きの懲役刑が確定したが、国家賠償法に基づき、「発砲の必要性は無かった」として、神奈川県に対し損害賠償を求め横浜地裁訴訟を提起。2009年5月27日に同地裁は、男性の訴えを認め、「威嚇射撃無しに発砲しており、適切な公務執行とは言えない」などとして、県に約1,150万円の賠償を命ずる判決を言い渡した。
  • 2006年 - 日本の警察史上初の、制服を着た現職警察官による公務中の空き巣事件が発覚。パトロール中に顔見知りの家での犯行だった。犯人の鎌倉警察署巡査長は同年12月6日に窃盗で逮捕された。逮捕された巡査部長は以前相談を受けた学習塾を営む女性の自宅に無断であがりこみ、現金数万円が入った封筒を盗んだ。同巡査部長は取調べに対し住宅ローンの支払いや子供の養育費など金銭的な問題を抱えていたと告白している。なお「制服を着ている警察官の公務中」を除けば、神奈川県警では当時茅ヶ崎署刑事課窃盗犯係の巡査部長が単独で連続空き巣を行い2001年9月に懲役6年の実刑判決を受けている。
  • 2007年 -
    • 厚木警察署刑事一課の巡査部長が2006年12月に勤務中、相談を受けていた詐欺事件被害者の女性に、この女性が役員を務めるリサイクルショップにおいて両手で無理やり抱きつきキスをするなどのわいせつ行為をしたことが発覚。県警は強制わいせつの疑いで巡査部長を逮捕した。
    • 12月中旬に当時の県警警備課長だった警視が霊感商法に関与していたことが発覚。翌年2月に懲戒免職処分とした。
  • 2008年 -
    • 相模原南警察署の警官が個室ビデオ店のDVD4枚 (8500円相当)を盗んだ容疑で書類送検。横浜簡裁から罰金20万円の略式命令を受けて納付、県警は公表基準に当たらないとして事案を発表していなかった。
    • 2004年6月から2008年10月にかけ、座間市内の駐車禁止ではない道路に於いて、駐車違反の取締りが、誤って14回に亘り行われていたことが、2008年12月に発覚した。この件は、たまたま、警視庁の警察官が取締りを受け、その警察官から指摘されたことで判明した。神奈川県警は、取締りを受けた14人全員について、反則金や放置違反金を返還した。
  • 2010年 -
    • 厚木警察署の超過勤務強要が発覚。厚木警察署は夜勤の当直中に事件受理件数が10件を超えた場合は当直者全員に残業を強制させていた。厚木警察署管内では5月以降認知件数が大幅に減り、昨年5~11月は300件台後半~400件台だったのが今年は200件台になり、特に6~8月は前年のおよそ6割まで減った。。
    • 裏金問題。2003年から2008年までに、警察本部の会計担当者が業者に「預け」る経理操作の手法で公金をプールし、総額11億余円が不正に流用されていた事が判明。現在公安調査庁調査第1部長を務める前本部長が減給、513人が訓戒・注意など、何らかの処分を受ける対象者は全部で531人に上る見込み。

女性警官に集団セクハラ、先輩4人が服脱がせ(2012年3月)

神奈川県警大和署に勤務していた30歳代の4人の男性警察官が2012年3月、後輩の20歳代の女性警察官に対して、服を脱ぐことを強要したり、無理やりキスをしたりするなど、集団で性的いやがらせをしていた。

県警は、4人を処分する方針だが、刑事事件としては「立件できないと判断した」としている。県警幹部によると、4人は、同署刑事2課に勤務していた巡査部長(現在は県警暴力団対策課)と、交通2課の巡査部長、刑事2課の警部補、刑事1課の巡査長。

4人は3月上旬の夜、大和市内のカラオケボックスに女性を呼び付けた。いずれも勤務時間外で、部屋は5人だけだった。しばらくして、刑事2課の巡査部長が「服を脱げ」と指示した。交通2課の巡査部長は顔に無理やりキスをした。

さらに、刑事2課の巡査部長は女性に対し、ブラウスとズボンを脱いでキスした巡査部長の服と交換するように命じた。女性は指示通りに脱ぎ、巡査部長のワイシャツとズボンに着替えた。県警のこれまでの調査では、警部補と巡査長はこれらの行為に直接的には関わっていない。

相談の女性にわいせつ行為。相模原署の地域課巡査(2013年4月)

当直勤務だった4月20日相模原市中央区の公園で、交番に相談に訪れた同市の30代の女性にわいせつな行為をした。

辻巡査は19日午後11時ごろ、勤務先の交番で、相模原市内在住の30代の無職女性から相談を受けた。その際、「ちょっと行こうか」と女性を誘い、翌20日午前0時ごろ、2人で近くの公園に行き、キスなどのわいせつ行為に及んだ。辻巡査は制服のまま外出した。

当時交番は辻巡査が1人で勤務しており、公園に出かけていた間は交番は無人となった。女性が21日、相模原署に「相談を聞いてくれた若い警察官にわいせつ行為をされた」と相談し、容疑が発覚した。

保坂都彦監察官室長は「警察の職務に対する信頼を大きく損なうものであり、まことに遺憾です。今後の捜査結果を踏まえて、厳正に対処します」とコメントした。

1999年以降の神奈川県警の不祥事続発に対し、神奈川県内の弁護士らが中心となり、警察の不正・不当な行為を監視しこれを是正することを目的として、2000年7月21日に市民団体「警察見張番」が設立された。