この記事の所要時間: 92

こんにちは。京野です。

ベッキーが、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカルである川谷絵音(27)との不倫を報じられて6日に釈明会見を開きましたが、

今日は、日本国中で話題にあがっているであろう、ベッキーとゲス乙の川谷の不倫についてです。

ベッキーには「ラブレター禁止令」があった

ベッキーは子どもの頃からテレビが大好きでした。
渡辺満里奈にあこがれて芸能界に入ろうと思ったそうです。

その彼女が、親に言われてきたことがあります。それは
「ラブレターの禁止」

なぜか。

「将来、有名になったら過去のラブレターが週刊誌に掲載されるかもしれないから」

という理由。

そのぐらい、小さい頃から芸能界を意識した活動をしてきていたベッキーでした。

だから、過去に一度もスキャンダルもありませんでした。その、ベッキーの初スキャンダルが不倫事件。それは話が大きくなりますね。

ベッキーは過去にお付き合いがなかったのか?

もっとも、男女のお付き合いが過去に全くなかったのか。

今から約2年半前、29歳の2013年に

「私だって多少はあります。29歳ですから」

と発言していました。

だから、うまく隠れて、お付き合いはあったんでしょうね。

現在、CM10社との契約中も、降板が決まる

ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(27)との不倫を報じられて6日に釈明会見を開きましたが、CMはすでに放映差し替えになることがわかりました

現在、出演しているCMは10社あります。
そのうち1社は打ち切りが決定し、同社の別商品のコマーシャルに差し替えることが決まりました。

そのほか2社は、「騒動とは関係なく1月中の放送終了が決定」と発表。
また、ローソンも「変更を検討中」

今回の報道を振り返る

1月7日発売の「週刊文春」で川谷との不倫が明るみに出ることが確実となり、

なりました。発売前日6日に会見を開きました。

その会見の要旨は

1.友人関係
2.不倫関係はない

その上で

「報道陣の質問には応じない」

これは、ほとんど会見の意味がなく、一方的に伝えるのであれば書面一枚でいいでしょう。わざわざ画面に登場するとセンセーショナルに伝えられた上に、いい報道もされないでしょう。

会見をした理由は、(開きたくないけど)スポンサーがいるために、その釈明をする日必要があり、一方で、スポンサーがいるために、余計なことも言えなかった、ということもありましょう。

好感度キャラで売ることのリスクか?大きな報道になった理由

これが、仮に沢尻エリカだったら、どうだったでしょうか。
釈明会見など開かず、どこかで聞かれても

「別に」

ぐらい答えておけばいいでしょう。

今回、ベッキーの報道が特に大きくなってしまった原因は

1.女性ファンが多いベッキーが、女の敵である「不倫」をしていた
2.清純キャラで売っていた(スキャンダルゼロ)
3.川谷の奥さんが一般人で、売れない頃から彼を支えていたのにかわいそう
→ミスチルの桜井、GLAYのTERUと同じパターン(笑)

あたりでしょうかね。
こう考えると、好感度キャラでうっているがため、の問題とも言えそうです。

だって…
バンドのメンバーってこういうことあっても普通に仕事継続しているし。
おそらく川谷もこのまま普通に仕事を続けるんじゃないかなぁ。(NHKは厳しくなるにせよ)

糟糠(そうこう)の妻を捨てるという話はミュージシャンにはよくあることで、そういう衰えない情熱みたいなものが創作意欲をかき立てるものなのなんでしょうか。

この仕事をしている人は許せるけど、アイドルは許せない、みたいなものなのでしょうかね。

ベッキーはどのタイミングでどうしてれば良かったのか?

そもそもの出会いきっかけは、テレビカメラもある中で、お気に入りのバンドだった「ゲスの極み乙女。」のコンサート訪問のようです。

川谷は2015年の夏に、一般人と結婚をしていましたが、結婚を公表していませんでした。

なので、その時点でベッキーが仮に川谷に恋心を抱いたとしても、不思議ではないですし、川谷は1988年12月3日生まれなので、現在は27歳で出会ったときは26歳。普通の男性なら結婚している年齢じゃないですよね。

ベッキー(1984年3月6日)より年も4つ下、学年では5つ下、ということになりますから、感覚的にも最初は、未婚だと思っていたでしょう。

最初はね。

でも、どこかのタイミングでベッキーはわかったと思います。

なぜなら「卒論を書く」と川谷はベッキーにLINEで言っていて、それは離婚届を意味するものだったようです。

つまり、男が離婚をチラつかせていた、ということですね。ゲスの極みだわ(笑)ほんと(笑)

それに乗ってはいけなかったということんでしょうね。

つまり、既婚者であるとわかった時点でベッキーは

「え?既婚?(笑)ごめん(笑)無理(笑)」

と強い意志で断らなきゃいけなかったということでしょうね。

今回の教訓

・純粋キャラで売っていたら不倫はNG
・芸能人は収入の全てを失う覚悟がないなら、付き合いをやめよ

※恋愛は個人の問題だが、「ベッキー」という唯一無二の商品を売っているわけで、それが企業の顔になっていることを忘れてはならない。

CM10本だけで3億から5億はもらっているでしょうからね。
(事務所が、ですけど)

ベッキーが不倫で失ったものは、5億円

・今後見込まれるCM契約(企業はほぼ契約しないでしょう)
 ※損失およそ2016年だけで3億円と推定

・レギュラー番組8本程度?から落ちる可能性
 ※1本100万円、月に32本として月3200万、年間3億8400万(約4億)のうち、半分落ちたとして約2億円

あたりでしょうか。

とするとトータル5億円ぐらいを失うインパクトがある、ということになります。

そう考えると…

今回のベッキーの不倫の代償(2016年だけで)

5億円

と見積もります。

ところで、こういうことを書くと、
「信用を失っただろ?」とかよく言われますけど、信用がどう影響するかということで金銭的価値を書いてみました。

僕はベッキー好きですよ。

ちなみに、私自身は、ベッキー好きなんですけどね。
少し痛いところとか、しゃべりすぎるところは好きじゃないですけど、まぁ、いい子っぽくて好きです。

アイドル(かな?)にそういう純粋とかを期待していないので、今回の報道で嫌いになるとか、落ち込むとかは全くないんですけど。

というより、むしろ「恋愛できない」「ラブレター禁止」「感情を抑えてプロとして生きている」みたいなことを聞くたびに

「かわいそうだな…」

って思っていたんで、どちらかといえば今回の一件は、ある意味安心した、というのが本音なのですが。

でも、俺が親だったら今回の付き合いはNGですね。

だって、失う経済的価値が多すぎる。1年で5億円だよ??

CMで企業の看板になっていることを踏まえると、不倫をよしとしない日本企業の体質に合わないので、NGですね。

ベッキーの不倫事件はなぜばれたのか?

なぜ、ばれたのかについては、一切報道で触れられていません。

ただ、川谷側からみたLINE画面や、プライベート写真が流出していることからすると、当然、川谷側の人間からのリークということになります。

普通に考えれば奥さん、ということになるのでしょうか。

文春の記者が

「あなた、奥さんですよね?ご主人が今、ベッキーさんと長崎の実家に帰られていることはご存じですか?」

というようなことを、ベッキーと彼との隠し撮りの写真を見せつつ、奥さんに聞いたそうですね。余計なことだと思いますけど笑。

そして、そういうことを知った奥さんが、勝手にLINEを見て、その画像を文春に流出させたということなのでしょう。

文春の記者が「単に問い詰めてもかわされますよ。ここは、動かぬ証拠を写真にとって、私に下さい。公表することで、しっかり慰謝料も取れますよ。私も協力費を払いますし」的なことでうまく奥さんを乗せたのではないでしょうか。(推測です)

芸能人は大変ですね。それにしても。

参考

2年前の調査では、好感度ランキングトップだった

ずっと好感度ランキング上位でしたからね。

2014年、ベッキーは「好感度ランキング5年連続ナンバー1」だった

テレビ界で“バラエティー番組の女王”といえば、ベッキー(30)で決まりだ。
現在出演するテレビなどのレギュラー番組は『ありえへん∞世界』(テレビ東京)、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS)、『中居正広の金曜日のスマたちへ』(同)、『にじいろジーン』(フジテレビ系)、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)など特番を含めると10本以上に出演する超売れっ子タレント。
「テレビのギャラ以外に『眼鏡市場』、『NKSJひまわり生命保険』、『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』、『サーティワンアイスクリーム』など10本近くのCMが加わる。年収5億円オーバーは確実です」(芸能プロ関係者)

ベッキーに出演オファーが殺到する理由は、圧倒的な強さを誇るその好感度。大手広告代理店系シンクタンクが実施する好感度ランキングで5年連続ナンバー1の座をキープしているのだという。

スポンサーリンク