広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。
先日、ニュースの中で、秋田県の高校が野球の試合で故意に三振をしたことについて触れました。それについて、ちょっと反応があったので個人的に考えてみたいと思います。


監督が三振指示、雨天ノーゲーム避け…秋田大会準決勝

 22日に行われた夏の高校野球秋田県大会の準決勝・本荘―秋田戦で、雨天ノーゲームを避けるため、本荘の打者が、監督の指示を受けて故意に空振りしていたとして、県高野連は試合終了後、同校野球部に対し、フェアプレーするよう指導し、始末書の提出を求めた。
 同校は、相手の遅延行為に対抗するためだったと説明している。
 県高野連によると、本荘は12対1となった七回表一死二塁で、監督が打者に三振するよう指示。
 打者は明らかなボール球を振って三振したため、県高野連は同部責任者に対し、故意の空振り行為をやめるよう指導したが、次打者の場面で、三塁走者が本盗を狙ってタッチアウト。試合はその裏の秋田の攻撃終了後、本荘がコールド勝ちした。雨の場合、七回裏が終わらないと試合が成立しない。
 本荘の尾留川徹監督は「相手チームが試合を遅延させ、ノーゲームにしようという意図が見えた。早く試合を進めるようボールでも打ちにいけと指示した」と説明。
 秋田の佐藤幸彦監督は「ばかにされた思いで大変悔しく、憤りを感じている」と話している。
(2006年7月22日22時12分 読売新聞)



試合成立狙い「故意の三振」 高校野球秋田大会


 秋田市のこまちスタジアムで22日あった第88回全国高校野球選手権秋田大会準決勝の本荘―秋田戦で、本荘に故意に三振するなどフェアプレーに反する行為があったとして、県高野連は本荘に対し23日の決勝開始までに始末書を求めることにした。
 問題の行為は7回表、雨が降り続く中であった。高校野球では、7回が終了すれば雨天でコールドが成立し、そこまでの得点の多いチームが勝者になる場面だった。
(ブログ管理人:どうやら、雨天ではなく点差のコールド)
 県高野連によると、12―1でリードしていた本荘の尾留川徹監督が、1死二塁の攻撃で、打者を呼んで空振りを指示した。打者は三振し、走者も無気力走塁でわざとアウトになった、としている。試合はそのまま7回裏で本荘が12―1のコールド勝ち。
 これらの行為を審議するため、高野連は緊急常任理事会を開催。「雨天で試合が中止されることを恐れた故意の行為」「最後まで全力を尽くすべき理念に反する」「相手チームに失礼」などと判断。斉藤尚史部長を呼び、これらの審議結果を伝えた。始末書の提出は、校長、部長、監督の連名で求める。
 試合後のインタビューに、尾留川監督は「選手に、空振りしてこいと指示した。マナー的にはどうかと思ったが、早く終わらせて試合を成立させたかった」と答えた。
 秋田の佐藤幸彦監督は「最後まで一生懸命やろうとしていたのに、負けた以上の屈辱だ。悔しい」と話した。
(2006年07月22日22時21分 朝日新聞)


あとは毎日の記事より

 問題のプレーは、本荘が12―1とリードした七回表の攻撃中、1死二塁の場面で起こった。県高野連によると、尾留川監督が打者に三振するよう指示、打者は明らかなボール球を空振り三振した。県高野連は、本荘の野球部責任者を呼び「アンフェアなプレーがないように」と指導した。しかしその後、三塁に進んだ走者も本盗を狙ってタッチアウト。七回裏の秋田は無得点で、本荘は七回コールド勝ちした。
 県高野連は試合終了後、本荘に対して始末書提出を求めた。秋田の佐藤幸彦監督は試合後、「負ける以上の屈辱だ。最後まで正々堂々とやりたかった」と怒りをあらわにしていた。【岡田悟】



ブログの利点はコメントがもらえてそれについて考えることが出来る点。
そしてネットの利点は情報を様々な視点から見ることが出来る点。

3つの記事から分かる状況を考えてみたいと思います。


まず、7回表、雨が降っており、下手したら雨天中止になるぐらいの雨である。
点差は11点。このまま終われば7回コールドで本壮は勝つことが出来る。
(ルール上・7回7点差でコールド+7回終了後は雨天コールドも成立)
逆にこの回を長引かせれば雨天中止で再試合に持ち込むことが出来る。
そして7回表1死2塁の場面で事件は起こった。

 本荘・尾留川徹監督「相手チームが試合を遅延させ、ノーゲームにしようという意図が見えた。早く試合を進めるようボールでも打ちにいけと指示した」(読売)
「選手に、空振りしてこいと指示した。マナー的にはどうかと思ったが、早く終わらせて試合を成立させたかった」(朝日)
 そして、「打者は明らかなボール球を振って三振」し、その場で「県高野連は同部責任者に対し、故意の空振り行為をやめるよう指導」。その後、「三塁に進んだ走者も本盗を狙ってタッチアウト。」(朝日新聞・高野連曰く「無気力走塁」)
 そして、高野連は緊急常任理事会を開催。「雨天で試合が中止されることを恐れた故意の行為」「最後まで全力を尽くすべき理念に反する」「相手チームに失礼」などと判断。斉藤尚史部長を呼び、これらの審議結果を伝えた。始末書の提出は、校長、部長、監督の連名で求める。

 これが記事から判断できる詳細です。
 前回は毎日の記事のみを読んで、記事を書いたのですが、読売を読むと、きちんと監督の言い分として相手のプレーについても書かれていますね。これは情報収集不足であったと反省します。


王様の耳はロバの耳さんは“野球はアメリカ生まれのスポーツのはずでルールの根底にはフェアプレー」が何より求められているのでないか?”と述べられてますが、そこはとりあえず違うといっておきましょう。フェアプレーはどちらかといえばヨーロッパ系・騎士道系ですし、武士道系ともいえますし。アメリカはフェアというよりは大味なプレイが好きといえるのではないかと思いますね。
 それはともかくとして、王様の耳はロバの耳さんは、処分が軽い・審判に任せて両軍の監督に注意すべきだという意見が見られます。
 これはこれで納得のいく意見だと思います。

d_d-さんは、勝った方ばっかり処分するのはおかしい。敗者を美化する報道もおかしい。と提言されいます。
 これもこれで納得のいく意見です。


後編はこちら

4 コメント

コメント日が 古い順  |  新しい順
2006-07-26 11:29:09
1 この日、本庄全選手は真剣にプレーして11得点を挙げ、試合を勝利する寸前だった。

2 しかし降雨という事態で試合不成立となり、この日の努力が無となる可能性が出た。

3 そこで監督は、試合を成立させるために考え得る唯一の手段を実行した。

これに不快感を持つのは自由だと思います。また「私は好ましいこととは思わない」と、自分の意見を表明するのも自由だと思います。ここまでの行動に対して、自分は何の異議も述べません。しかし、無効試合として再試合を行えとか、失格にして負けにしろというのは明らかに”私”を逸脱しています。

もちろん主張したところで実行されることは無いと承知のうえで、”私の主張”を強調するためのレトリックならば別ですが。
たとえば・・・ 
2006-07-26 12:48:17
貴方は晴れて教師になった。ところが残念な事に、赴任した学校で問題が起きてしまった。教育委員会・校長・当事者らがきちんと話し合い、事情を全て把握した上で、問題の解決が成された。

ところがマスコミが、その出来事について、読者(視聴者)が「おもしろがりそうな部分」だけを報道した。

マスコミが報道した事実だけを知った、貴校とは全く繋がりが無い人間たちが「そんな問題解決はおかしい」、「処分内容が軽すぎる」、「関係者は全員、辞職しろ」などと騒ぎ出した。

・・・正義はどこにありますか?
ふむ。 (管理人)
2006-07-26 14:59:58
uesama01さんコメント有難うございます。



後編の方にもコメントされてるようなのでそちらでコメントします。
2006-07-26 23:02:06
管理人様、



コメント有難うございます。

ここでは議論が盛り上げっていてスゴイですね。

迫力のある記事が多そうなので、また遊びに来ます★

コメントを投稿


数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。