交通事故・違反

県教委、酒気帯び運転などで3教職員を処分
東京新聞 2017年6月23日

 県教育委員会は二十二日、酒気帯び運転で摘発された県立水戸工業高の男性教諭(49)を懲戒免職とするなど、教職員三人を同日付で懲戒処分にしたと発表した。
 県教委によると、男性教諭は今月二日、土浦市内で酒を飲んだ後、車内で休憩し、三日早朝に帰宅しようとしてパトロール中の警察官に停止を求められ、酒気帯び運転が発覚した。
 県立高の男性校長(57)は二〇一五年度、自校に勤務していた男性職員が、十八歳未満の女子にみだらな行為をしたことを知りながら、県教委にきちんと報告しなかった。今年三月、匿名の投書が県教委に寄せられ、問題が表面化した。校長を減給十分の一(三カ月)とした。また県教委は、同年度中に退職した元職員に対し、退職手当の返還を求める方針。
 阿見町立中の男性教諭(33)は先月、二年生の校外学習で生徒たちを神奈川県まで引率した際、勤務中に後輩の教諭を誘って飲酒した。教諭は、駅から車を運転して帰宅したが、校長らには「運転代行を利用した」とうそをついていた。この教諭を減給十分の一(一カ月)とした。
 会見した県教育庁の担当者は「あってはならない不祥事で、県民に深くおわびする」と謝罪、服務規律を徹底させることで再発防止に努めるとした。
酒気帯び運転で教員停職6月 懲戒処分
RKK熊本放送 2017/7/5(水) 8:26配信

県の教育委員会は、酒気帯び運転で自損事故をおこした県立高校教諭を4日付けで停職6か月の懲戒処分にしました。
停職処分をうけたのは球磨郡内の県立高校に勤務する男性教諭(54)です。県の教育委員会によりますと男性教諭は、今年5月12日、自宅で午後10時近くまで酒を飲み、翌日早朝、体育大会を実施するか判断するため自家用車を運転して学校に向かう途中、自損事故をおこしました。警察が呼気を調べたところ呼気1リットルから基準値の2倍近い0.28ミリグラムのアルコールが検出されました。教諭は「寝付けなくて酒を飲んでしまった信頼を損うようなことをして反省している」と話しているそうです。
酒気帯び運転の小学校教諭に罰金50万円 大津簡裁
京都新聞 2017/6/30(金) 23:01配信

 大津区検は30日までに、道交法違反(酒気帯び運転)の罪で、守山市立吉身小の男性教諭(60)=栗東市=を略式起訴した。大津簡裁は罰金50万円の略式命令を出した。
 起訴状では、5月9日午前8時10分ごろ、守山市内で酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている
酒酔い運転の疑い 愛媛大院助教の医師逮捕
愛媛新聞 2017年6月25日(日)

 松山東署は25日、道交法違反の疑いで、愛媛県松山市、愛媛大大学院医学系研究科助教の医師の男(40)を現行犯逮捕した。

 容疑は25日午前2時15分ごろ、同市中村1丁目の永木橋付近の国道11号で、乗用車を酒酔い運転した疑い。
南信の県立高校教諭が酒を飲んで車運転し書類送検
SBC信越放送 2017/6/15(木) 20:24配信

南信地方の県立高校の教諭が酒を飲んで車を運転し書類送検されていたことがわかりました。
県教育委員会によりますと、道路交通法違反の疑いで書類送検されたのは南信地方の県立高校に勤務する47歳の男性教諭です。
先月23日の夜、飲食店で酒を飲んだあと自家用車を運転し、道路脇の縁石に乗り上げる物損事故を起こしました。
原山教育長は「綱紀粛正に取り組んでいる中で考えられない」とし、今後厳正に処分するとしています。
無免許運転で逮捕 24歳男性教諭を懲戒免職処分(埼玉県)
テレ玉 2017/6/8(木) 18:07配信

県教育委員会は、免許取り消し処分となったあとも自動車の運転を続け、無免許運転で県警に逮捕された吉川市の公立小学校に勤める24歳の男性教諭を8日付けで懲戒免職処分としました。

懲戒免職となったのは、吉川市立美南小学校に勤務する齋藤功生教諭24歳です。

県小中学校人事課によりますと、齋藤教諭は去年4月、首都高速中央環状線で、制限速度を75キロ超過する時速135キロで走り、過去の違反と合わせて累積で免許取り消し処分となったものの、処分されたことを校長に報告せず、通勤や出張などで運転を続けました。そして、ことし1月、久喜市内の踏切で、一時停止すべきところをそのまま進み、警察官に止まるよう指示されたにもかかわらず逃走し、無免許運転の疑いで現行犯逮捕されました。

県教育局の聞き取りに対して、齋藤教諭は「子どもたちに決まりを守って生活するよう手本になるべき立場でこのようなことをしてしまい深く反省しています」と話しているということです。
酒気帯び運転容疑で中学校教諭逮捕 兵庫
サンケイスポーツ 2017.6.2 12:18

 兵庫県警明石署は2日までに、道交法違反(酒気帯び運転、信号無視)の疑いで明石市大久保町西脇、明石市立魚住東中教諭の中村真容疑者(28)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は1日午後11時15分ごろ、明石市大久保町ゆりのき通2丁目の市道で、酒気を帯びた状態で車を運転した上、赤信号が点滅していたのに、一時停止せず進んだ疑い。

 明石署によると、中村容疑者は自宅で500ミリリットルの缶ビール1本半を飲んだ後に外出した際、パトロール中の署員に見つかった。
教諭有罪確定し失職、14年ぶり 交通事故で禁錮刑
福井新聞ONLINE 2017/5/30(火) 8:31配信

 2015年に2人に重軽傷を負わせる交通事故を起こした福井県坂井市在住の県立高男性教諭(24)が、刑事裁判で執行猶予付き禁錮刑の有罪判決が確定し、失職したことが29日分かった。禁錮以上の刑を受ければ失職する地方公務員法の規定に該当した。失職は26日付。

 名古屋高裁金沢支部への取材で有罪確定が分かった。

 福井県教委によると、県立学校の教職員が刑事裁判で有罪が確定し失職したのは、高校の男性教諭が大幅な速度違反を繰り返したとして、執行猶予付き懲役刑が確定した03年以来14年ぶり。

 判決などによると、今回失職した男性教諭は15年10月、県道で乗用車を運転。対向車線にはみ出し、対向してきた3台の乗用車と次々衝突し、1人に約4カ月の重傷、もう1人に軽傷を負わせるなどした。自動車運転処罰法違反(過失傷害)の罪で一審福井地裁で禁錮1年2月、執行猶予3年の判決を受けた。二審高裁金沢支部で控訴を棄却され、期限の25日までに上告しなかったため刑が確定した。

 教諭の弁護側は、事故の背景に▽学校の業務が多忙▽事故前夜はテストの採点をしていて睡眠不足だった▽事故当日も担当する部活動に向かっていた-などを挙げ、「失職する量刑は重過ぎて不当。罰金刑が相当」と主張していた。控訴審判決では、自動車運転者としての刑事責任は軽視できないとした。
<ひき逃げ容疑>同志社女子中高の教諭逮捕 京都府警
毎日新聞 2017/5/29(月) 11:34配信

 乗用車を運転中に通行人と接触してけがをさせたまま逃走したとして、京都府警北署は29日、同志社女子中・高教諭、木村裕行容疑者(49)=京都市北区上賀茂前田町=を自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で逮捕した。「事故を起こした覚えはない」と否認しているという。

 逮捕容疑は28日午前11時45分ごろ、北区上賀茂朝露ケ原町の府道で、運転していた乗用車のドアミラーが路側帯を歩いていた同区の男性(41)に接触。右腕に打撲の軽傷を負わせたが、逃走したとしている。

 北署によると、男性と男性の妻が、車のナンバーをスマートフォンで撮影して110番通報。自宅に帰っていた木村容疑者を任意同行し、29日未明に逮捕した。【澤木政輝】
基準値5倍超のアルコール検出、宮古島で自称教諭の男が飲酒運転 一部容疑を否認
沖縄タイムス 2017/5/20(土) 11:00配信

基準値5倍超のアルコール検出、宮古島で自称教諭の男が飲酒運転 一部容疑を否認
 宮古島署は20日、酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転したとして、自称教諭の男(33)=宮古島市=を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。呼気から基準値の5倍を超えるアルコールが検出された。一部容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は20日午前0時57分ごろ、宮古島市平良にある市道で、酒気帯び状態で普通乗用車を運転した疑い。